同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'14秋の展望 : ゴルフ部
'14秋の展望「ゴルフ部」
残りのシーズンへ向けて

「この秋冬では、この夏練習してきたことをしっかり継続しチーム全員が更なる高みを目指し、強くて団結力のある同志社大学体育会ゴルフ部になるように引っ張っていきたいです」(江端主将・商3)。今年のチームは、部員全員がそれぞれの目標に対して向ける意識が高い。それに部員同士の仲もよく、元気なチームである。そんな同志社ゴルフ部は、いよいよ残りわずかのシーズンへと突入する。


今シーズン、男子は2部リーグ2位という悔しい結果に終わってしまった。「まだまだ実力が足らないということを再認識させられた」(江端)。しかし、そんな中でも希望の光は消えていない。個人では芦沢が日本学生5位、水野(スポ2)が世界アマ出場、秋季2部リーグMVP獲得と、高いレベルの中でも通用する実力を持っていると示すことができたシーズンでもあった。このシーズンで得ることのできた多くのことを、秋、冬を通して自分たちのものにし、来季へとしっかり繋げていきたい。同志社男子ゴルフが目標とするのは、まずは春に1部リーグへ復帰すること。そして全国へと羽ばたいていくこと。何段階もレベルアップしたその姿に注目だ。



全国5位に輝いた芦沢(スポ2)。今後にも期待がかかる


女子は今年、春、秋と全国出場するという最低目標は果たすことができた。今年の目標である全国優勝はまだ達成できていないものの、スコアが噛み合えば必ず成し遂げることができるという自信につながった。10月末に行われる全国大会では、団体戦で出場する。悲願である全国優勝をなんとしてでも掴み取りたい。



8月に行われた日本学生ゴルフ選手権で、曽田(スポ4)がホールインワンを達成


また、10月末に行われる全国大会の個人戦には、2回男子芦沢、3回女子坂下、4回女子曽田が出場し、上位争いに加わることとなるであろう。ここにも期待がかかる。



今後もチームを引っ張っていく坂下(社3)


シーズンは終盤にさしかかり、試合は残りわずか。男女共に、持ちうる最大限の力を発揮してもらいたい。あとは自分たちが積み重ねてきた力を信じて、前進するのみ。信じる力が、いつも、いつでも明日を変えてくれるのだから。  (斉藤裕太)

【'14秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について