同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ラグビー"Man of the Match"2014 : ラグビー部
驚異のゴール成功率を誇るレフティ―・渡邉夏燦

関西大学ラグビーAリーグ最終戦・立命館戦に見事勝利し、同志社は関西3位でリーグ戦を終えた。今試合で今リーグ2度目のMan of the Matchに輝いたのは渡邉夏燦(社3)だ。



第4戦対摂南大で今季初めてスタメンに名を連ね、5本のゴールキックをすべて成功。同志社の選手権出場決定に貢献し、Man of the Matchに輝いた渡邉。しかし優勝がかかった京産大戦、関学戦は、またもベンチ外ともどかしいシーズンを送っていた。それでも再び回ってきたライバル立命館戦でのスタメン出場のチャンスに、彼は十分とも言える結果で応えて見せた。



渡邉のキックから始まった前半。代名詞とも言える正確無比な左足のキックでゲームメイク。「(京産大戦、関学戦では)エリアをとれていなかった」。敗れてしまった2試合の反省を生かし、彼はキックを多用。今季初スタメンのSH大越(商2)とともに試合の組み立てを図った。すると前半7分、同志社は松井のトライで先制。コンバージョンも渡邉が決め7ー0と幸先良いスタートを切る。良い形で試合に入ったことで前半のペースは同志社。渡邉はその後の14分のPG、24分のトライ後のコンバージョン、をしっかりと決め、着実にリードを広げた。

そして前半最後のプレーでこの日最大の見せ場が渡邉に訪れる。立命館のミスによりPGを獲得。1度PGを決めた位置よりも距離は遠く、角度も難しい。何よりもキッカーに不利な向かい風が吹いている状況であったが、「たとえ3点でも相手にプレッシャーがかかる」。観衆が見つめる中、彼の左足から放たれたボールは見事ポールの間に吸い込まれた。前半を20ー0と圧倒した同志社。後半は追い上げられ20ー19と一時は1点差までに詰め寄られるも、後半37分に認定トライで再び立命館を引き離し27-19で勝利を飾った。



今試合5本あったゴールキックをすべて成功させた渡邉。今シーズンは層の厚さに阻まれ、出場機会は摂南大と立命館のわずか2試合のみ。それでも10本中10本成功と彼のゴール成功率は驚異の100%を誇る。優勝こそできなかったが、リーグ戦3位で同志社は選手権セカンドステージに進む。渡邉の出場は確約されてはいないが、出番が訪れる可能性は存分にあるだろう。彼自身選手権の出場は、昨年の初戦・筑波大の途中出場のみ。チームとしても近年、同志社は関東勢を前に屈している。まずはグループステージを突破し、ベスト4へ――。そして目指すべき到達点は日本一。黄金の左足を持つ男、渡邉夏燦。その左足が勝利の道を切り開く。(堀 大輝)



渡邉のキックは選手権でも必ず武器となる



プロフィール
渡邉夏燦(わたなべかざん)
社会学部3年生
クライストチャーチボーイズ高校出身
178cm/85㎏

 

【ラグビー"Man of the Match"2014バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について