同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ウィンタースポーツ特集 2014-2015 : スキー部
ウィンタースポーツ特集 2014-2015「スキー部」

One For All ~走り出したシーズン~


今年もついにスキーシーズンが幕を開けた。選手たちは夏から秋にかけて走り込みやウエイトトレーニングを重点的に行ってきた。去年よりも多い練習量をこなしたおかげで強い体作りができたという。「キレが生まれ、動ける体に仕上がっている」。と、副主将の小清水(3)は語った。



力強い滑りを見せる松澤主将

 


松澤主将(商4)率いるスキー部の今年度の目標は、男子のインカレ一部昇格。そして女子の一部総合三位だ。さらに女子は現在関西インカレ女子総合を二連覇しており、三連覇をかけた今年も彼女たちに対する期待は大きい。選手全員がそれらの目標に向けて、日々技術向上に勤しんでいる。



関西インカレ三連覇が期待される女子メンバーの高木(スポ3)

 


シーズンに入り、同志社スキーヤー達は北海道や群馬県など全国に飛び合宿をスタート。雪上での実践的な練習にシフトチェンジした。アルペンパートはすでにポール練習を開始しており、コーチの助言をもとにバリエーショントレーニングに取り組んでいる。雪を踏み、感触を思い出しながら、彼らはシーズンの到来をようやく肌で感じる。ここからがスキーヤー達の舞台の始まりだ。宇野原監督も「これからが本番。関西インカレ女子総合三連覇を筆頭に昨シーズンを上回る成績を出してほしい」。と語った。



同じく女子メンバーの杉山(スポ3)

 


スキーは個人競技のため、インカレと全日本学生アルペンチャンピョンスキー大会以外は、個人がそれぞれ大会にエントリーしスキルアップを図る。そこで経験値を積み、インカレへと臨むというわけだ。孤独な戦いの先にはチームとしての大きな成長が待っている。目に見えない選手たちの覚悟は我々の想像をはるかに超えるものだろう。

 


インカレ一部昇格のためには、クロカン・アルペン・ジャンプでの合計ポイントで上位2校に入らなければならない。しかし毎年アルペンでポイントを取れていないため、一部昇格のためにはアルペンパートの滑りがカギとなるに違いない。だからこそ0.1秒でも速く――。体の使い方や板の動かし方、道具の手入れなど細部にまでこだわりぬく。すべては本番で最高のパフォーマンスをするためだ。日々努力、そして日々進化。彼らの向上心はとどまるところを知らない。

 


男子、女子、そしてチームとして目標に向かって走り出した同志社スキー部。その野望が果たされる時は来るのだろうか。しかし彼らなら大丈夫だろう。努力は裏切らない、選手たちもそう信じているはずだ。新たなる高みを目指して、広大な雪面に確実な一歩を踏み出した。(下田 満)

【ウィンタースポーツ特集 2014-2015バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について