同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : テニス部
主将特集「テニス部」

昨年は男女ともに目標の王座進出を逃してしまったテニス部。先代から託された思いを胸に、新チームが始動した。男女それぞれを率いる新主将の根底にあるのは「テニスが好き」という気持ち。ひたむきにテニスを愛する2人に迫る。



男子主将は石島知希(商3)。小学3年生のとき、家の裏がテニススクールだったという理由でテニスを始めた。気軽に始めたテニスだったが、その楽しさにのめりこむ。徐々に実力をつけ、高校時代にはインターハイでダブルスベスト16に入るなど結果を残してきた。大学入学後は1年生時からリーグ戦のメンバーに選ばれ、1部昇格に貢献。2年生時には関西リーグ制覇、王座の舞台も味わった。昨年3月の新進ではシングルスでベスト4入りし、関西の頂点も遠くはない。様々な経験を積み、実力もさることながら、努力を怠らないのが彼の強み。オフの日でもランニングやトレーニングを欠かさず行い、体をつくる。また、挨拶や礼儀、練習への姿勢など基本を大切に競技に取り組んでいる。座右の銘は「自分に厳しく他人に厳しく」。彼のテニスに向き合う姿勢はまさにこの言葉通りだ。「部員一人ひとりが自分の立場を理解し行動できるチーム、日本一のチームにしたい」。ストイックな主将は必ずや理想のチームをつくってくれるに違いない。



鋭いストロークで攻める石島



女子主将は本田歩美(法3)。母の影響で弟と一緒にテニスを始めたのは小学3年生のときだった。初めは体操、ピアノなど5つの習い事のうちの1つにすぎなかった。しかし、テニスの楽しさから1年後には通う日数を増やし、習い事をテニスとピアノの2つに減らす。大好きなテニスの練習に打ち込み、着実に力をつけていった彼女。高校時代には2年連続で全国選抜大会準優勝を飾った。大学入学後は思うような結果を残せていないが、「テニスが好きなのはもちろん、いい仲間に出会えたから続けられる」と周りの支えは大きい。そんな仲間たちと集中してテニスができる環境を作るよう、主将として心がけている。また、オンとオフの切り替えもきっちりとし、けじめのあるチーム作りをしている。オフの日は友達とカフェやカラオケに行きリフレッシュ。「おいしいものを食べることが一番幸せ」と大好きな甘いものを食べて気分転換をしている。座右の銘は「成せばなる」。その言葉通り、明るく前向きに部を率いてくれるだろう。



試合中に笑顔を見せる本田(右)



2人の主将にとってのラストシーズン。テニスを始めたときから変わらない一つの思いは、彼ら、そしてチームを支えてくれるに違いない。(菅原実希)



石島知希(いしじまともき)

商学部

176㌢/63㌔

好きな芸能人:有吉弘行



本田歩美(ほんだあゆみ)

法学部

166㌢

好きな芸能人:綾野剛

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について