同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : アイスホッケー部
主将特集「アイスホッケー部」
昨シーズン、春秋どちらのリーグでも関西2位に輝いた同志社アイスホッケー部。しかし、彼らの最大の目標は絶対的王者・関大を倒し、優勝をつかむこと。悲願の関西制覇は次世代に託された。去って行った4年生の思いを受け継ぎ、新たにチームを率いるのは中村聡主将(商3)だ。


試合中はDFの要を担う中村主将


幼稚園の年中頃からアイスホッケーを始めた中村。しかし、「最初は無理やりやらされていました(笑)」(中村)。その流れのまま、小学2年生ごろまではなんとなくアイスホッケーを続けていた。そんな彼を変えたのは、当時所属していたチームの監督に言われた一言。「何事も結果より内容だ」。それまでは勝つか負けるかの結果ばかりを重視していた彼だったが、この一言で、結果に至るまでの過程の大切さに気づいた。そこからアイスホッケーに真剣に向き合うようになったという。


高校時代の監督に勧められて同志社への入学を決めた中村は、同志社アイスホッケー部の仲の良さが好きだという。チームメイトからの「面白い」という声を受け、「自分が面白いかは分からないけど、確かに場の雰囲気を良くしようとはしている」(中村)。常に周りへの思いやりを忘れない彼は、今以上に温かく、そして今以上に結束したチームへと導いてくれるはずだ。彼らの歩み出す先には、大きな未来が広がっている。(松山奈代)


中村聡(なかむらそう)
商学部
175㌢/75㌔
好きな芸能人:強いて言うなら黒木メイサ

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について