同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : 陸上ホッケー部
主将特集「陸上ホッケー部女子」

今年で創部10年目となる、陸上ホッケー部女子。部員全員が個性豊かなこの部活を率いるのは、主将・中嶋麻里菜(現社3)だ。



チームをまとめる主将・中嶋



精神面、技術面、人間性を評価され主将となった彼女。しかし、ずっと陸上ホッケーをしていたわけではない。中学時代はバレーボール部に所属。小さな大会では良い成績を残し、優勝も経験した。陸上ホッケーを始めるきっかけとなったのは、中学の担任の先生の勧め。高校から陸上ホッケー部に所属し、近畿大会3位という輝かしい結果を残した。

「陸上ホッケーを続けるなら同志社で」。同志社陸上ホッケー部の雰囲気や、楽しみながらも勝ちにこだわる姿に惹かれ、同志社女子大学を受験することを決めた。

高校時代はがむしゃらに部活をしていた彼女だが、大学ではただ走るだけでなく、「考えるホッケー」をするようになったと言う。主将として、自分のことを疎かにしないことはもちろん、周りにも目を配る。チームに何が足りないか、何が求められているのか。チーム全員の意識を勝つことに向け日々練習に励んでいる。



彼女の大学生活を表す言葉は、「チャレンジ」と「笑顔」。失敗することもあるが、その分成功した時の喜びは大きい。友達が居る、ホッケーができる大学は、「自分が笑顔になれる場所」だと語ってくれた。



チーム全体の目標は、インカレベスト8。個人では、1試合必ず1ゴール入れるという目標を掲げた。個性派ぞろいの同志社陸上ホッケー部。それぞれの良さを活かし、「全員ホッケー」で勝利への道を繋ぐ。(伊藤映里)



中嶋麻里菜(なかしま まりな)

現代社会学部

164.5㌢

好きな芸能人:凰稀かなめ、高橋克典、三浦翔平

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について