同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : 應援團
主将特集「應援團」

昨年は全国4位という過去最大の結果を残したチアリーダー部。今年のチアリーダー部の主将は松本沙久良(政策3)だ。

 


大学からチアリーディングを始めた松本。入学式の時に新入生におくられる「應援團の演舞に魅了されて」(松本)入部を決めた。中高時代は新体操部で、インターハイも経験したという実力者。新体操で培った柔軟性のある動きは、チアリーディングの演技にも生き、多くの人々を魅了している。彼女の魅力はそれだけではない。ともに3年間を過ごしてきた仲間からも信頼を置かれている。「一人一人の気持ちを考えて、気遣いのできる人」(松下・理工4)。部員全員がのびのびと部活ができるよう、声掛けを欠かさない。また「いつも笑顔で、チアリーダー部にとって頼りになる、欠かせない存在」(家城・文情4)だ。



スタンドでの笑顔が一際輝く



チアリーダー部は大会以外に、野球やアメフト応援を中心とする、社会人バレーボールなどの応援も行っている。「体育会のみなさんがいてこその應援團。頑張れと応援する前に、應援團が誰よりも頑張らなくては」(松本)と応援について熱い思いを持っている。

 

 

「学年の壁を越えて、部員にとって近い存在でいたい。チアは団体競技だが、一人一人の個性が集まることで最高の演技が生まれる。そんな個性を大切にしていきたい」(松本)。たくさんの部員がいる中で、一人一人と向き合うことを忘れないようにしたいという。今年一年、應援團の活躍から目が離せない。(小栗佳奈)





松本沙久良(まつもとさくら)

政策学部

160㌢

好きな芸能人:妻夫木聡


【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について