同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : サッカー部
主将特集「サッカー部」
昨シーズンは2年ぶりに戦いの場を1部へと移したサッカー部。しかし、リーグ最下位での2部降格という悔しい結果に終わった。1部昇格へ向けてチームを立て直すべく、100人以上の部員を束ねる新主将は生部麦(政策3)だ。


主将を務める生部麦


彼がサッカーに出会ったのは小学校入学前、日本代表の試合の観戦に行ったときのこと。それは日本代表がシドニー五輪出場を決めた試合で、その試合こそがサッカーを始めるきっかけとなった。その後、順調に才能を開花させていき、小学校、中学校時には東京都選抜やナショナルトレセンにも選出された。高校は元日本代表の中村俊輔などを輩出した神奈川県の名門・桐光学園に進学。そこでも中心選手として活躍し、3年時には選手権ベスト16という輝かしい実績も残した。


サッカー以外の勉強や経験といったことも考え、大学は関東ではなくあえて同志社を選択。また、関西よりも関東のほうがレベルが高いといわれている大学サッカー界。「大学でも出場機会を得たかった」。その言葉通り、デビュー戦では初得点を決める華々しいデビューを飾るなど、1年時から貴重な戦力として活躍。1部昇格と2度の2部降格を誰よりも肌で感じてきた。「昇格と降格をピッチ内で見てきた自分が責任ある立場でチームをけん引したい」と、みずから主将に名乗り出た。


試合中は無尽蔵のスタミナでピッチを駆け回る


「全員が同志社のサッカー部に入ってよかったと思えるように」。これが主将として最大の目標である。そのために、カテゴリーは関係なく1人1人との話し合いも積極的に設ける予定。それぞれが自発的に変わるよう働きかけるのが主将の使命だ。各選手の意識が変われば、その先に勝利、そして昇格という結果もついてくるだろう。クールだが情熱を内に秘める新主将のもと、2部の舞台で同志社ビッグウェーブを巻き起こせ!(西村健汰)


生部麦(いきぶばく)
政策学部
175㌢/68㌔
好きな芸能人:本田翼

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について