同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : バドミントン部
主将特集「バドミントン部女子」

昨年の秋リーグで関西2位に輝いた同志社バドミントン部女子。歴代最高順位を更新する快挙を成し遂げた。そんな彼女たちのトレードマークは、試合会場内で一際目立つ元気いっぱいの応援。活気に満ち、個性あふれる仲間たちを率いていくのは、鈴木沙知主将(スポ2)だ。



笑顔でガッツポーズをする鈴木(右)



小学1年生のころ、兄の影響でバドミントンを始めた鈴木。バドミントンの好きなところは「試合中の駆け引きと、勝った瞬間」だと語る。中学生になって、全日本中学生選手権に出場した。全中への初めて出場が決まった時が、これまでのバドミントン人生で1番嬉しい瞬間だったという。高校は、全国有数のバドミントン強豪校である福井県立勝山高校へ進学。強豪校での練習は厳しかったが、「切磋琢磨しあいながら、楽しく練習できた」(鈴木)。団体全国ベスト16、個人全国ベスト32という輝かしい成績を残した。同志社大学入学後も、団体戦では単複両方をこなし、同志社に欠かせない戦力となっている。



相手を見据えてサーブを構える鈴木(左)



ケガをしたり、辛いこともあったが、支えてくれる人のことを思い出して乗り越えてきた。試合中に相手を見据える鈴木の強い眼差しは、彼女の芯の強さを物語っている。「チームのことをしっかり考えられて、勝てるチームを作れる主将になる」(鈴木)。力強く誓った彼女は、チームにさらなる勢いをもたらし、新たな栄光への道を切り拓く存在となってくれるはずだ。(松山奈代)



明るく元気なチームメイトとともに今季を駆け抜ける。



鈴木沙知(すずきさち)

スポーツ健康科学部

156㌢

好きな芸能人:なし

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について