同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : ソフトボール部
主将特集 「ソフトボール部男子」
2年前にインカレ準優勝を果たしたソフトボール部男子。チームの中心であり絶対的エースであった佐野に代わって、来季からチームを支えるのは太田貴之(スポ2)だ。



打席で構える太田主将

 


太田がソフトボールと出会ったのは高校に入学してからだった。それまで野球をしていた彼は、双子の妹がソフトボールをしていたことに影響を受けた。さらには中学校時代の先輩からの誘いもあって、なんとなく野球からソフトボールへの転向を決めた。しかし、彼はソフト特有の魅力にだんだんとはまっていくことになる。野球とは違った戦略や細かい駆け引き必要とし、また塁間が狭いため非常にスピード感がある。「自分のような小柄な選手でも、ソフト特有のプレースタイルや技術を身に着けることで活躍することができる」と太田は語った。



高校からソフトを始めてからというものの、その成績は華々しいものだった。高校2年の春に選抜大会で準優勝。集大成となる高校3年の夏にはインターハイを制し日本一に輝いた。そんな太田の持ち味は、圧倒的にうまい守備。どんな状況においても冷静な判断ができ、視野も広く安定した守備をすることができる、まさに内野の要だ。<o:p>

 


関東の大学ではなく、関西の大学で日本一を目指したい。そう思って同志社への入学を決めた。さらに同志社には強豪校出身の選手が多く、そのような状況下で自らの実力を試したいと思ったのも理由の一つだ。部内の雰囲気は非常に明るく、先輩後輩関係なく仲が良い。そのためチームワークも良く、ここぞという場面でまとまることができるという。ピンチをチャンスに変えることができるのが同志社ソフト部の大きな強みだ。太田は2回生になり、シーズンを終えたころ推薦によって主将に選ばれた。主将気質ではないので、自分の意思を伝えることや、個性の強いメンバーを一つにまとめることが難しく大変だという。しかし、練習に対する姿勢や取り組みなど行動の面でお手本となり、背中でチームを引っ張る。オンとオフの切り替えを徹底し、メリハリのあるチーム作りを心がけている。<o:p>



チームをまとめる太田主将(写真中央)

 


来期はチームの中心としてシーズンを迎える太田。チームとしては、4月から始まる春リーグで優勝し、インカレにて創部初の日本一になることを目標に掲げた。個人としては、チームの先頭に立ち日本一へチームを導くこと。遊撃手として、そしてチームの中心として同志社ソフト部の精神的支柱になる覚悟だ。奇才あふれるチームを一つに、日本の頂点を目指して太田率いるソフト部は進化を続ける。(下田満)

 


太田貴之(おおた たかゆき)<o:p>

167cm/62kg<o:p>

好きな芸能人:新垣結衣<o:p>

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について