同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : 硬式野球部
主将特集「硬式野球部」
昨年、2季連続の関西5位となり、納得のいくシーズンを過ごせなかった同志社硬式野球部。これまで6年半にわたり、同志社野球部の指揮をとった小玉監督が引退となり、今年からは澁谷新監督のもとで選手達は日々汗にまみれている。そんな改革の年に主将となったのが、これから紹介する、川端晃希(法3)だ。


攻守共、チームを牽引する川端。守りの面ではチームの要の捕手として投手陣をまとめる。攻撃の面では4番として打線の軸。攻守共にチーム随一の実力を兼ね備え、同志社において絶対に欠かせない存在である。



打者として昨年は4番を務めた


また、「リーダーシップがある」(玉垣・文情2)。「野球の試合において、とても頼りになる」(漆原・社2)。「技術的なことを聞きやすい」(藤澤・スポ健2)。他の選手からの信頼は厚い。さらに、今年のエース投手として期待がかかる柏原(理工3)も、「チームを引っ張っていってくれる」と語る。


川端の野球のルーツは小学校のとき、2つ上の兄がソフトボールをやっていた影響ではじめたソフトボール。そして中・高・大と野球漬けの日々を送る。中学の時のポジションはセンター。今のポジションであるキャッチャーをやり始めたのは高校からだ。出身校の大阪桐蔭高校では、2年のときにベンチながらも甲子園へ出場。3年のときには春の大会で大阪府優勝を果たすも、甲子園へは届かなかった。全国大会への出場経験があまりないため、全国での高いレベルを味わいたいという気持ちは誰よりも強い。


また、小・中・高を通して、主将になったのは初めて。しかし、そこにとまどいはない。「試合を多く経験させてもらってるので、引っ張ることはもちろん、試合で大切なことを練習の中でも伝えていきたい」。主将となり、チームを強くするという思いは、いっそう大きくなった。



捕手として、チームを引っ張る


そんな川端の好きな食べ物は、ハンバーグ、オムライス、サラダ。がっしりとした体であるため、さぞかし大食だろうと思いきや、本人曰く、少食であるらしい。一回の食事に米は多くても1合しか食べない。これはアスリートとしては少食であろう。しかしなぜたくましい体であるのだろうか。川端はウエイトをはじめとするトレーニングを多くこなす。大学に入り、6キロの体重増加をした。さらに、1回の食事は少ないながらも、1日に4、5回の食事をとるそうだ。「もっとレベルの高い野球をするためには、自分はまだまだ体が小さい」。気持ちを高めるだけでなく、体を強くすることで、さらなる高みを目指す。


身体的、精神的にも強くなり、高いレベルでの野球を求める。なぜそんなにも川端は「上の世界」を求めるのか......。そのきっかけは、大学野球代表合宿にある。大学野球代表合宿とは、全国の大学から実力者たちが集う合宿のこと。昨年、川端はそこに選ばれた。そこで他の選手との野球に対する気持ち、考え方の差を痛感したのだ。


「僕には野球しかない。野球が全て」。勝利を誰よりも求める川端にとって去年は悔しくて悲しい思いをすることが多かった。昨年の関西5位という結果は、決して納得のいくものではなかった。接戦で負ける試合は多かったが、それは力の差が大きくでていたという。たかが1点の差もしれないが、そこに気持ちの差は大きく感じた。「自分たちは決して強くないという気持ちをもつ必要がある」。自分たちはあくまで挑戦者として、今シーズンに臨む。



主将としてチームを勝利へと導く


川端が大切にしている言葉。それは、「なせばなる。なさねばならぬ、何事も」。高校の時に聞いて以来、この言葉がずっと心に残っているという。何事もあきらめていたらはじまらない。たとえ思うような結果が出なくても、たとえ不調に悩んでも、立ち止まることはない。


昨シーズン、川端はチームの「憂」いを1番近くで感じてきた「人」。負ける悲しさを知る彼だからこそ、「優」勝への意識は誰よりも高いのかもしれない。勝ちにこだわる川端がみんなを導く先には、「憂い」ではなく、「嬉しい」がきっと待っている。   (斉藤裕太)



川端組の戦いが始まる


川端晃希(かわばたこうき)
法学部
177㌢・85㌔
好きな芸能人:長澤まさみ

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について