同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : 軟式野球部
主将特集「軟式野球部」

昨秋の西日本大会では惜しくも8強に終わった軟式野球部。その雪辱を晴らすためにも、目標と掲げる“全国出場”に向けチームは間もなく始動する。彼らの先頭に立つのが新主将・坂純也(社2)だ。



主将としてチームをけん引する坂[写真提供:軟式野球部]



彼が野球を始めたのは小学1年生の時、3歳年上の兄の影響だった。投手に野手にと様々なポジションを経験し、中学・高校時代は硬式野球に打ち込んだ。高校では主将も務め、まさに野球漬けの日々を送っていた。



それもあって入学当初は「完全燃焼していたからサークルに入るつもりだった」という。だが試合ごとにメンバーを集めるサークルは、高校まで真剣に野球に取り組んできた坂にとって物足りなかった。そんな時に軟式野球部の見学に誘われ、部の雰囲気の良さに惹かれて入部を決意する。小学生以来6年ぶりとなる軟式球のバウンドに初めこそ苦戦するも、感覚を取り戻すにつれてめきめきと上達。昨季は2年生ながらもレギュラーとして三塁を守り堅守を見せた。



安定した守備力を誇っている



軟式野球部では試合でも監督はベンチに入らない。試合中に指示を出す主将はいわば“選手兼監督”となる。他にも練習メニューや試合のメンバーを副将や主務と相談して決めるなど、主将の決定権は大きい。責任の重い立場にいるからこそ「誰よりも声を出して、誰よりも練習する」と、自らに甘えを許さないストイックな姿勢で野球に向き合っている。



そんな坂が目指す部のかたちは“協力するチーム”という。1試合に出場するのは多くても10数名。だが勝利に向かっていくためには部員全員の力が欠かせない。試合中、応援で盛り上がるベンチは「どんなピンチでも安心できる」と選手たちの力となっている。だからこそ雰囲気の良いチームをつくることを常に心がけている。



新人戦では1番を打ち、バッティングでも存在感を示す



これからリーグ開幕までの約2ヵ月間、チームは練習試合に遠征、合宿と実践準備に入る。所属リーグには昨秋の西日本大会王者・立命館や、昨年全国出場を果たした甲南大といった強敵がひしめく。全国大会に進むためには、リーグ戦を春1位で終えなければならない。毎試合、熱い戦いとなるのは明らかだ。「関六最強を証明し、全国の舞台を踏む」。その目標に向かって一丸となる軟式野球部とそれを率いる坂、今年は彼らから一瞬たりとも目が離せない。(野﨑智花)



坂純也(さかじゅんや)

社会学部

177㌢・67㌔

好きな芸能人:EXILE、三代目 J Soul Brothers


【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について