同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : 準硬式野球部
主将特集「準硬式野球部」

座右の銘は「信じる」。そう語ってくれたのは準硬式野球部の主将、松本憲信(スポ3)。彼は高校時代、光星学院(現・八戸学院光星)で3年の夏に正捕手として全国準優勝を経験した。硬式野球部で大学野球を続けプロを目指す道もあったが「(甲子園準優勝を経験して)燃え尽きた部分があった。肩や肘にも限界を感じていた」。そんな中、声がかかった同志社準硬式野球部への道。ここなら学業と部活の両立ができると思い、同志社に入学した。



親がしていたことがきっかけで始めた野球。最初遊びでしていた野球は自分の生活の一部になり、甲子園準優勝まで上り詰めた松本。1度は燃え尽きたが「やるからには勝ちたい」。同志社準硬式野球部という発展途上のステージで、彼の才能は遺憾無く発揮される。



打撃にも期待がかかる



彼の持ち味といえばなんといっても強肩を生かした守備だ。本人が「守備には自信がある」と口にするほど、そのフィールディングには定評がある。また、昨秋オール関西に選抜された際にホームランを放つなど打撃の面でも力を見せつけた。



持ち味の強肩



長年続けてきた野球をするのは大学で最後となる。「後悔は絶対にしたくない」。勝ちたいという意志の強さから、普段から元気にチームへ声かけをしてきた松本は主将に抜てきされた。



しかし主将で正捕手という重要な役割だからこそ頭を抱えることも。それはチームの意志統一の面である。レギュラーとベンチ外の選手との温度差を感じている彼。「方向性を定めることが大事」。ベンチ外の選手にも高いモチベーションを持ってもらうため、なるべく全員で同じ練習をするよう取り組んでいる。「積極的にコミュニケーションをとりにいく」。彼は下級生や、ベンチ外の選手など関係なく発言し合い、情報の共有ができるチームを目指しているのだ。



相手のホームへの帰還を必死に防ぐ



昨夏は全国大会ベスト8という結果を残し、新チーム体制の秋のリーグ戦では惜しくも立命館に敗れ2位に終わった準硬式野球部。「まずは目の前の一戦一戦にこだわる」。着実にひとつずつクリアすることで大きな目標を見据えることができるという。勝利を信じ、チームを信じて――。彼のリードがチームを全国の頂に導く。(金川夏帆)



松本憲信(まつもとけんしん)

スポーツ健康科学部

177㌢/63㌔

好きな芸能人:ポールウォーカー





【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について