同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : ラクロス部
主将特集「ラクロス部男子」

悲願のファイナル3進出、そして関西準V。同志社男子ラクロス部にとって、昨秋シーズンは、大きな飛躍のシーズンとなった。そして迎える今シーズン、「関西制覇」という次なる期待を背負い、主将に選ばれたのは岡田昂志(生命3)だ。



「ある意味KY」。そう自分の性格を語る岡田。部活のないオフの日には、一人で他大学の練習に乗り込んで行く。しかし、その何にもためらわない不屈のチャレンジ精神が主将としての一年間で、大きな糧になるに違いない。



2歳年上の兄の背中を追いかけ、志望校を同志社に決めた岡田。幼稚園から始めたサッカーを、高校3年生の10月まで続けた。そして、そこから猛勉強を始め、見事同志社への入学を果たす。入学前は、サッカー部アメフト部に入部しようと考えていたが、寮の先輩から勧められたラクロス部に興味を持ち、新勧、そして練習会に参加。先輩の面白さや部の雰囲気にひかれ、入部を決意した。



力強いプレーでチームをけん引する



休日でも気がつくとグラウンドへ足を運び、自主練を行う。そんな彼の練習量勝る者はいない。また、昨年の春チームリーダーにも抜擢。誰もが、彼の努力、そして責任感を目にしていた。チーム全員で理想の主将像を挙げると、その理想像に最も近かったのは岡田であった。「あまり仕切るのは得意ではない」(岡田)。しかし、頼れる副キャプテン・松岡(文情3)、崎山(3)の力を借りつつ、「関西制覇」という目標に向かい、主将としてチームをけん引する覚悟を決めた。「全体に向けて、上手い言葉はかけられないかもしれないが、その分一人ひとりに向き合っていきたい」(岡田)。部員は100人近くいる。しかし、その全員に目を配り、客観的にチームを見て、チームに求められているものを見出していく。



新体制の軸は、「明るさと厳しさから生まれる一体感」。昨シーズンのリーグ戦では、結果としてはファイナル3進出できたが、勢い付くのが遅く、勝てる試合で勝てないことが多かった。「みんな、実力があるのにもったいない」(岡田)。チームに足りなかったのは、強いチームに必要な厳しさやメリハリだった。「たとえ試合が近くても遠くても、同じ緊張感の中で練習し、試合で全力を出し切れるようにしたい」(岡田)。去年までは夢にも見なかった全国の舞台。しかし、全国への切符はもう手に届くところまで来ている。関西制覇、そして夢の全国へーー。チームを勝利へ導くのはこの男しかいない。(高橋りつ)



岡田昂志(おかだこうじ)

生命医科学部

178cm/78kg

好きな芸能人:永作博美



同志社男子ラクロス部に新たな歴史を刻む


【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について