同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : 柔道部
主将特集「柔道部」
昨年、強豪明治を倒して全国ベスト8入りを果たした同志社柔道部。そんな快進撃を見せた柔道部を今年率いていくのは米村主将(法3)だ。



背負い投げを決める米村


米村が柔道を始めたのは小学1年生のとき。柔道をやっていたという父親に道場に連れていかれ、気が付けば柔道の世界に足を踏み入れていた。柔道の名門、九州学院に進学した米村と、小学校から大学までずっと同じ進路を進んできた後藤(法2)は「(米村は)小、中、高とずっとキャプテンをやってきていて、引っ張っていく力がある。大学でもキャプテンとして期待している」と、周りからの信頼も厚い。


主将として心掛けているのは“ぶれない”こと。自分の意志を貫きながら、「一歩下がって全体を見る。雰囲気も見ながら、困っている人がいたらアドバイスをしていく」。また、ムードメーカーとして部の雰囲気作りも担える主将だ。
約15年も続けている柔道。大会などを通じて全国各地に友人ができたり、同志社で柔道ができるという、今があることが長年続けてきてよかったと感じる点だという。



小、中、高、そして大学でも主将を務める


小学生のころ、父親に「お前に足りないのは気力だ」と言われて以来、今でも変わらず帯の真ん中に入れている“気力”という言葉。そんな米村主将率いる新制柔道部が目指すのは、昨年にも勝る結果、全国ベスト4以上である。さらなる強豪校を追いつつも、追われる立場にもなった彼らになくてはならないのは強い“気力”。主将が胸に刻んだ言葉を全員が意識すれば、おのずと全国上位は見えてくるだろう。(浅見怜奈)


米村直純(よねむらなおずみ)
法学部
170㎝/140㎏
好きな芸能人:青木真也


【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について