同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : 射撃部
主将特集「射撃部」

昨秋のインカレで女子24年ぶり制覇という快挙を成しとげた射撃部。今年はさらに上を目指してライフルでは“男女インカレV”、ピストルは“出場全員が全日本選抜ファイナリスト入り”を目標にする。そんな彼らの先頭に立つ新主将は桑原(文3)だ。



来季から主将として射撃部を引っ張る桑原



大学から競技を始めた部員が半数を占める射撃部だが、桑原もその一人だ。小さいころから体操や水泳など幅広くスポーツに親しんできたが、小学校から高校まで一貫して取り組んできたのはバスケットボール。だが怪我を抱えていたこともあって「大学でもバスケットを続けることはピンとこなかった」という。射撃部からの勧誘を受けたのはそんな時だった。「何かスポーツは続けたい」と思っていた彼は“ゼロスタートを”と射撃の世界に飛び込んだ。



射撃部では主将は代々、上回生からの指名で決まる。彼が選ばれたのは、クラブ運営においても競技においてもモチベーションを高め、チームをけん引したことが認められたからだ。一人一人に気を配りコミュニケーションをとることで、チーム全員にとって良い方向づけができるよう常に心を砕く。



実力のある人が引っ張ってきた旧チームに対して、新チームにスーパーエースは存在しない。他大学も戦力を備えていくなかでの戦いは厳しいものになるに違いない。「どれだけ全員が同じ方向を見て行けるかが大事」。全国の舞台で勝負するには部員全員の団結が不可欠になる。掲げた目標に照準を合わせた桑原率いる射撃部、あとは撃ち抜くだけだ。(野崎智花)



桑原凌(くわばらりょう)

文学部

167㌢・55㌔

好きな芸能人:アン・ハサウェイ


【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について