同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : ソフトボール部
主将特集「ソフトボール部女子」

昨年の秋季関西ソフトボールリーグ戦で1部昇格まであと一歩と、躍進を見せた同志社ソフトボール部女子。創部間もない中、着実に成長を見せている。昨年に引き続き、主将を務めるのは名古路由貴(法3)だ。



2番打者としてつなぎ役を果たす



テニスや水泳をこなし、小学生時代から抜群の運動神経を誇っていた名古路。だが兄の影響を受け、小学生時代は男子に混ざりながら野球に打ち込んだ。ソフトボールは中学校時代に始め、高校時代まで6年間ソフトボールを続けた。だが大学進学時には担任に勉強を優先させるように勧められたため、当時ソフトボール部のなかった同志社へと進学。そのため名古路のソフトボール生活は終わりを迎えたと思われた。しかし関西学生リーグへの登録の関係で、発足したばかりのソフトボール部が存在していたのだ。それを聞き、すぐさまソフトボール部への入部を決断。大学生活もソフトボールにささげることを決めた。



正二塁手を務める



入部当初から実力を遺憾なく発揮していた名古路。他に経験者がいなかったため、昨年から上級生がいる中で主将に任命された。しかし先輩に気を遣ったり、意見のすれ違いから「けんかすることもあった」と、苦労も絶えなかった。現在は幹部で練習メニューを組み、的確な指示を出すことを心がけている。また下級生には経験者が入部してきている。勉強させてもらうこともある反面、「自分がしっかりやらないと」と、主将としての自覚も忘れてはいない。



そんな名古路も学校生活では教員免許取得のため、勉強の日々を送っている。教員免許取得には必要取得単位数が多く、決してソフトボールとの両立は簡単ではない。だが「ソフトボールをしているときが一番楽しい」と笑顔を見せ、ソフトボールへの愛で勉強との両立をはかっている。



塁上で拳を突き上げる名古路



「勝ったときが一番うれしい」と、勝つことへの喜びをおぼえた名古路の、ラストイヤーにかける気持ちは強い。「目標は自分が試合に出続け、チームのインカレ出場」と強く語った。成長著しい同志社ソフトボール部の柱となり、創部初となる悲願の1部昇格へと導いてくれるだろう。(樋口諒)



名古路由貴(なこじゆき)

法学部

155㌢

好きな芸能人:剛力彩芽


【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について