同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : フィギュアスケート部
主将特集「フィギュアスケート部」

シーズンまっただなか、日々大会に向け練習を積み重ねているフィギュアスケート部。同志社フィギュアスケート部では笹原彩加(文3)が主将を務めている。

 

 

リンクで練習する笹原

 

 

同志社高校出身の彼女。中高は軽音部に所属しバンドを組んでいた。担当はドラムで、スケートは小さいころから地道に続けてきた習い事だ。
スケートに出会ったのは6歳。幼稚園の遠足で現在はなくなってしまった当時の京都醍醐スケートリンクに遊びにいったことがきっかけでスケート教室に通うようになる。西日本中小学生フィギュアスケート競技会などの地方大会に出場することが多く、全国の大会を目指すことはあまりなかったという。



だが大学進学と同時に、彼女は日本学生氷上選手権大会(以下インカレ)を視野に入れ始める。彼女は現在バッジテストによる5級を所持しているが、出場をかけた予選では級が1つ上の選手と戦わなければならない。そのため時に焦りが生まれることもあるが、彼女は日々の中で優先順位をつけ、出場に向けて精一杯努力を重ねてきた。

 

 

ジャンプの確認を行う

 

 

そんな中、主将を務めることとなった彼女が部活全体の練習で心がけていることがある。
フィギュアスケートは幼少期からやっている選手だけではなく、大学から始める人も多い。そのためスケートを始めて間もない下級生たちに「スケート自体を好きになってほしい」(笹原)という思いで率先して後輩たちに基礎を指導している。そして自身は「お調子者」「盛り上げ役」(笹原)であるといい、部のムードを高めることにも貢献しているのが彼女だ。

 

 

スケートや後輩のことを思う笹原が率いるフィギュアスケート部。同志社所属選手は全員シングル選手のため個人戦が多いが、いつも穏やかな笑顔で部員の気持ちを引き上げてくれるだろう。彼女が今季達成できなかったインカレ出場も含め、同志社フィギュアの今後の活躍に期待したい。(萱原涼葉)



笹原 彩加(ささはら あやか)

文学部

161㌢

好きな芸能人:田辺誠一

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について