同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : バレーボール部
主将特集「バレーボール部男子」

一部昇格を目標にかかげ、日々奮闘を続けるバレーボール部男子。そんなチームを引っ張るのは大保善徳(商3)。



彼とバレーボールとの出会いは中学一年生の時。彼が入学した学校には、卓球部・陸上部・バレーボール部・吹奏楽部とごく少数の部活しかなかった。当時の彼は、小学校の頃からソフトボールに打ち込んでいたこともあり、学校の部活には入らず、野球のクラブチームに所属しようかと考えていた。そんな時、はじめてバレーの試合を生で目にした大保。先輩のプレーをしている姿を一目見た瞬間、その格好良さに魅了され「先輩のようになりたい」という憧れでバレーを始めた。高校進学後もバレー部に所属し、練習に打ち込む日々を送る。めきめきと力を伸ばした彼は、全国ベスト8という輝かしい成績を残すまでの成長を遂げた。



鋭いスパイクを放つ大保



大学入学前、実際に同志社の練習に参加した大保。その時、個人個人が持つ力の高さをとても感じたという。そして、ここでなら強いチームとしてやっていけるのではないかと感じ同志社に入学することを決意。入学後、はじめは高さとパワーの違いに苦しむものの、彼らしいプレーで実力を発揮し、一年生の頃からスタメンとして多くの大会に出場した。同輩・先輩に関係なく、プレーに対して何か気になる事があれば自分意見を言い、常に積極的な姿勢だったという。


主将になったのも、彼自身の熱い想いがあったからだ。”個々の力を兼ね備えているメンバーを、チームとしてまとめることが自分にはできる!”と自ら主将になることを願い出た。「ただ引っぱるだけではなく、常に一人一人を見て、その人にあったアドバイスをするように心がけている」と話した大保。それぞれの得意な部分は最大限に生かしながら、逆に不得意な部分は全員でカバーできるようなチームを目指しているという。

OFFの日には友人や先輩とご飯に行き、その時思っていることをお互いに話し、コミュニケーションをとることで気分をリフレッシュ。バレーに対する悩みも誰かに聞いてもらうことで、モヤモヤもなくなり、練習に励む意欲が湧いてくるという。



笑顔でハイタッチを交わす大保。



そんな彼のバレー人生歴も9年目に突入した。バレーの魅力を尋ねると「人に対して力を与えられること」と答えた大保。普段試合を見に来てくれる人から「バレーをしてる姿を見たら、自分も頑張ろうと思えた」と声をかけてもらう事は、彼にとって"誇り"であり"宝物"だそうだ。



現在二部で奮闘を続けるバレーボール部男子。長年の目標である一部昇格に向け、日々練習に励む選手たち。今年こそ、その目標を叶えることができるのかーー。大保の熱い想いがチームを悲願達成へと導く。(朴田華奈)




大保善徳(おおぼ よしのり)

商学部

178cm/75kg

好きな芸能人:坂口憲二

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について