同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
主将特集 : ラグビー部
主将特集「ラグビー部」

1911年に創部し、日本で3番目に古い歴史を持つ同志社大学ラグビー部。脈々と受け継がれる主将の襷は才田智(社3)に受け継がれた。



伝統ある同志社大学ラグビー部



小学4年生にラグビーを始めたものの、すぐにラグビーをやめてしまう。小学生時代はバスケットボールに没頭。ラグビーと距離を置いた生活を送っていたが、「身長を考えると限界を感じた」とバスケットボールをやめ、中学校入学を機にラグビーを再開。才田のラグビー人生が本格的に動き始めた。

才田は輝かしい経歴の持ち主だ。東福岡高校時代、全国大会3連覇を達成し、公式戦3年間無敗。名実ともにトップレベルの選手として全国の注目を集めていた。関東の強豪校進学の選択肢もあったが「関東の大学を倒したい」その強い思いから、同志社への進学を決意。大学入学後も1年時からめきめきと頭角を現し、2年時にはスタメンとして定着。押しも押されもせぬチームの大黒柱へと成長を遂げた。



主将を務める才田



スクラムには絶対的な自信を持つ才田だが、「スクラムだけでなくタックル、パスの質を上げたい」とPRとしてプレーの幅を広げる必要性を感じている。また、主将として臨む今シーズン。「厳しいことも自分が言っていかないと」とチームの成長のため主将として奔走する。そして周囲の信頼も厚く、「熱い人。誰よりもラグビーに対して覚悟のある人」と副将を務める林(商3)は才田を評価する。

主力として活躍する新4年生が少ない同志社。「最高学年がブレたらだめ」(林)。こうしたチーム状況の中で4年生が一丸となり同じベクトルで戦うことが今シーズンのカギになるのかもしれない。



スクラム、モールが才田の強みでもある



「去年あれだけやっても勝てなかった」(才田)。昨年、関西優勝の大本命と目されながらも関西3位。全国の舞台では関東の牙城を崩せず敗退し、納得のいくシーズンとは言えなかった。「覚悟を持ってやりたい」(才田)。低迷が続く同志社ラグビー。まずは関西の頂へ――。名門復活への足掛かりを掴みたい。(杉本 大)



才田の接点での強さも注目だ



才田智(さいたさとし)

社会学部

181㌢・120㌔

好きな芸能人:加藤あい

【主将特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について