同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : テニス部
'15春の展望「テニス部」

新たな志で目指す王座


昨秋のリーグ戦では苦戦を強いられ、男女ともに目標の王座進出を果たせなかったテニス部。王座出場、打倒関東を今年も目標に掲げリベンジに挑む。新たな取り組みも始め、第一歩を踏み出した。



男子は昨年、ケガ人が多かったことから、ウォーミングアップやクールダウンを専門のトレーナーから助言をもらって行うようになった。練習前後に1時間ほど、ストレッチやランニングなどをしっかり行い、ケガの予防に務める。練習は球出しなど基礎を軸に、そこから応用練習へと発展させて、練習に一連の流れをもたせるようにしている。チームの雰囲気も「学年関係なく仲が良く、お互いに競い合えている」(石島主将・商3)と切磋琢磨し、レベルアップを図れる環境だ。また、「一人ひとりが自分で考えて動くようになった」(井筒・スポ3)、「自主性が高まった」(諫山・スポ3)と選手それぞれが自覚を持って練習に励んでいる。



新主将の石島


試合形式の練習をする



女子はスケジュール管理を見直した。モチベーションを上げ、体力配分ができるように練習時間やスケジュールを早めに決めて共有するようにしている。また、新3年生に上級生としての自覚や向上心を持ってもらうため、トレーニングメニューを任せるようにした。それぞれが目標達成のためにできることを考えて行動している。「皆が明るくていいチーム」(本田主将・法3)と評し、チームワークの良さに加えて個人のレベルアップを目指す。



新主将の本田



春から夏にかけては個人戦が続き、秋の団体で行うリーグ戦に向けて個々の力を磨く期間。新体制となって迎える初めての公式戦、関西学生新進テニストーナメントが3日から始まっている。男子では、主戦力としてチームを支え続けてきた石島、井筒など新4年生や、ケガからの復帰を果たした増尾(スポ2)などの活躍が期待される。女子では昨年の今大会、シングルスで準優勝した北川(商3)や安定して戦績を残している玄田(法2)に注目したい。冬の間にそれぞれが取り組んできた成果を発揮することができるか。シーズンの始まり、良いスタートを切りたい。(菅原実希)



復帰戦での活躍が期待される増尾


北川は昨年の結果を超え、優勝を目指す


シングルス、ダブルスともに注目したい玄田


【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について