同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : 陸上ホッケー部
'15春の展望「陸上ホッケー部女子」

全員ホッケーで表彰台へ!


昨年、春秋リーグ共に5位で終えた陸上ホッケー部女子。5月から新チームでのリーグ戦が始まる。今年主将を務めるのは中嶋麻里菜(現社4)。「全員ホッケー」を目標にチームを引っ張る。



今年チームを率いる主将・中嶋



前チームでは、全てのポジションに要となる選手が存在し、守備、攻撃が安定したチームだった。しかし、要となる4回生の選手が引退し、頼れる存在が欠ける。「全員が頑張らなければ勝てない」(奥・心理4)。スターとなる選手がいない分、チーム力が勝利の鍵となる。



素早くボールに反応するGK奥



今季彼女らは、「パスでつなぐチームにしたい」(中嶋)と、「パス&ゴー」を中心に練習。息の合ったパスで強豪の壁を打ち砕く。また、2月に行われた合宿では、技術を磨くことの他に、互いを知ることも意識。消極的な選手には自らから話すことで、コミュニケーションを図った。癖を理解し、内面を深く知ることでプレーも変わる。新チームの特徴を生かし、新しいチームカラーを築く。

4月から、国体で5位入賞した白木里美(経済1)も入部する。自由に自分を出してプレーできることが同志社の良いところ。「チャレンジ心を持ってプレーしてほしい」(中嶋)。新しい戦力にも期待が高まる。



主将のアドバイスを真剣に聞く部員達



昨季は「4回生が引っ張っていた」と語る中嶋。しかし、今季は全員がリーダーシップをとれるよう、練習中でも学年関係なく意見を交わしている。個々の持ち味を生かし、全員で勝利へのパスを打ち出す。(伊藤映里)

【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について