同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : アーチェリー部
'15春の展望「アーチェリー部男子」

いざ、頂点へ


昨年、悔しいシーズンを送った同志社アーチェリー部男子。

悲願奪還に向け、上山新主将(社3)率いる新生アーチェリー部男子が今シーズンに臨む。

昨シーズンは小岩主将(商4)の下、リーグ戦、王座に挑んだが共に準優勝に終わった。

その両方の決勝の場で宿敵・近大に敗れ、悔しさを味わった。

だが今年新たに主将に任命された上山は「個々の力では近大に勝っている。それを結集すれば絶対に勝てる」と

力強く語ってくれた。

そしていよいよ4月から始まるリーグ戦。

上山個人としてはみんなから信頼される主将になるために基礎練習を繰り返し、自らの武器を徹底して磨いてきたという。

チームとしては、「全員が仲間を想い戦えるチームにしなければならない」。そのためにチームに王座優勝という目標意識の統一に取り組んだ。

また、今年期待している選手として高校の後輩でもある岡田拓己(商1)を挙げてくれた。

「この1年誰よりも真摯にアーチェリーと向き合っていた」。その努力は必ず実を結ぶに違いない。

チームが見据えているのはもちろん優勝。「リーグ戦で全勝して、クラブレコードを出したい」。



上山新主将が期待している岡田



まずは来月から始まるリーグ戦での優勝。そして次なる目標は6月に行われる王座制覇だ。

それは決して簡単な道のりではないが、上山は今年のチームに自信を持っている。

絶対に負けられない戦いは、もうすぐそこまで来ている。(今川将成)

【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について