同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : 日本拳法部
'15春の展望「日本拳法部」

新たなる同志社へ


昨年、1年の締めくくりの大会である全日本学生選手権大会を男子はベスト8、女子は3位で終えた同志社日本拳法部。圧倒的実力で数々の金字塔を打ち立てた松岡(商卒)を始めとする4年生が今春卒業し、全くの新体制で新たなスタートを切った。「不安ももちろんあるが楽しみもある」(高橋新女子主将・商4)と部員たちの目はすでに先を見据えている。



円陣で士気を高める選手たち



チームの様相は180度変化したといっても過言ではない。昨年までは経験者に教えてもらいながら練習を進めていたが、今年は互いに教え合い自ら考えていく方針へと転換した。「様々な練習方法、時間配分などを試行錯誤している」と福嶋新男子主将(スポ4)。話し合いを重ね、フィードバックしていくことにより、経験者頼りになりがちであった部の雰囲気は変わってきている。「団体メンバーなども今までは固定されていたが、全く新しいメンバーになると思う。新2年生も頑張ってくれている」(福嶋)。新シーズン、ニューヒーローの登場に期待したい。また同志社日本拳法部は大学から競技を始めた人も多い。「スポーツ推薦入学者が多い大学に勝てるような初心者が強くなれる土壌をつくっていきたい」と福嶋。フレッシュな新星の登場も楽しみだ。両主将の抜群のコンビネーションも部の強みである。「互いに無いものを持っていて補い合うことが出来るのでバランスが良いと思う」(両主将)。取材中も息がぴったりであった福嶋、高橋はともに協力し合いながらチームを力強くけん引してくれるに違いない。 



チームをけん引する福嶋新主将



力強く技を繰り出す高橋新主将



「勝つのは当たり前。去年と同じでは意味がないし、練習したことを吸収して次に繋げることが大事」(高橋)。部員たちにとって毎日の練習は必ずなにかに繋がっている。今年度の最終的な目標は男子が全国ベスト4、女子が全国制覇。決して容易な目標ではない。悲願達成に向けて――。彼女たちはどん欲な挑戦者として毎日努力を重ね続ける。(増谷萌)

【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について