同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : 陸上ホッケー部
'15春の展望「陸上ホッケー部男子」

悲願の一部昇格へ


秋リーグ、2部3位の結果を残した陸上ホッケー部男子。あと少しで1部に届く位置まできた。「今年は勝負の年」(久冨主将・法4)とこれまで以上の意気込みでシーズンに臨む。



昨春、先制するも逆転負けを喫し、黒星が続いた同志社。新入生プレーヤーが多く、「同志社らしさ」が一つに見えていないこともあり、チームにまとまりがないまま2部6位に終わった。しかし夏合宿や練習など多くの時間を共に過ごしていく中で、技術より気持ちの強さで戦う同志社本来のスタイルが浸透。秋リーグでは「試合中同点になってもめげずに勝つ雰囲気があった」(久冨)と成長を実感した。春には見られなかった一体感が勝因となった。またコミュニケーションをしっかりとり、自分が何をしたいのかをチームメイトに伝えることを心掛けた。「自分を出せるようになったことで球際の積極性につながった」(田中コーチ)。収穫が多かったからこそ、入れ替え戦に届かなかったことが悔やまれた。



春休み中は基礎練習中心のメニューに取り組んだ。「個の基礎力向上が、チームの戦術アップにつながる」(田中コーチ)。そして経験者の入部が決まっていることも好材料だ。すでに練習に参加し、リーグ戦を想定した練習試合では攻撃的MFでプレーしている。「技術的にかなりの戦力になってくれると思う」(久冨)。中盤の活性化が期待できそうだ。これまで精神面、技術面ともにチームを支えていた4回生が抜けたが、部員各々が自覚をもって練習に取り組んでいるという。



少人数だからこそチームの雰囲気が重要となる



「春のうちに1部昇格を」(久冨)。長年2部でもがき続けてきた男子部だがあと1歩。自慢のチーム力で今シーズンこそ――。揺るぎない思いをボールに乗せ、1部復帰というゴールに狙い打つ。(中島萌奈美)



試合前円陣を組む同志社

【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について