同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : 居合道部
’15春の展望「居合道部」

心・技 練り上げて頂点へ


昨年11月下旬に行われた全日本学生居合道大会。同志社は優勝候補と目されながらシードで出場した二回戦で中央大学にまさかの敗退。

悔しさを胸に掲げた今年の目標は「全日本優勝を全員で成し遂げること」と「全員入賞」(竹岡・グロ地3)。同志社居合道部は主将・竹岡のもと、大きな目標へ歩み始めている。



演武を披露する茶山(理工・4)



全日本団体優勝。その頂点へは心と技、どちらが欠けてもたどり着くことはできない。

幸い同志社には六段の実力を有する監督が指導にあたり、今出川と田辺両方に稽古場が設けられるなど練習の面で恵まれた環境にある。だからこそ現在の一年生から四年生まで全員が初心者からのスタートにも関わらず、今年の全日本大会個人戦では茶山が優勝し山本と森田が三位入賞、入賞率(トーナメント方式なら大会で三位以内、または優秀演武賞を受賞)も80%を超えるなど輝かしい実績を残せるのだ。各剣士が入部から切磋琢磨し飛躍的に実力を向上させることができている証だろう。さらに、「団体出場チームを二つ揃えることができる、誰でも同志社の技を出せる」と評されるなど層の厚さもやはり随一。「技」の面で同志社が後れを取ることは考えにくい。今後も試合会場で見る者を圧倒する演武を披露してくれるはずだ。



栄光を手にした森田(経・卒) 茶山(理工・4) 山本(文・4)



その「技」と対をなす「心」。優勝へのもう一つの車輪を高めることも課題の一つだ。

同志社居合道部においてこの問題は決してなおざりにされてきた訳ではない。しかし、部員数が増えるに従い大会に出る者と出ない者の間に気持ちの温度差が生じていたのは事実だ。

今年は下級生と上級生の親睦を深める催しを開催。精神的統一を図って、みんなが全日本優勝を見据えて一人、一人何ができるか考える雰囲気を今まで以上に高めていくようにしている。

「役者はそろっている、後はひたすら稽古して本番に備えるのみ」(竹岡)

夢は夢で終われない。戦いの場へ、いざ征かん。(滝川晴也)


【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について