同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : 硬式野球部
'15春の展望「硬式野球部」
「夢」へのプロローグ


昨年は、春リーグ、秋リーグともに関西5位という結果に終わってしまい、悔しいシーズンとなってしまった同志社硬式野球部。「関西優勝は通過点とし、神宮で優勝する。」(川端・法4)。今年のスローガンは、"We are challengers ~俺たちは挑戦者"。挑戦者としての気持ちは忘れずに、夢である神宮優勝を、この手に引き寄せる。


「野球の勝敗の8割は投手で決まる」と言われるほど、投手というポジションは、とても大切である。ここまで、安定したピッチングを見せ、投手としてチームを引っ張っているのは、漆原(社3)と平尾拓(経2)の2人。「高い平均点を維持している」(澁谷監督)と、指揮官の期待も大きい。反対に、一刻も早く調子を取り戻したいのが、柏原(理工4)と、矢野(商4)である。昨年、多くの好リリーフをみせた矢野の復調は、チームに安定感をもたらすはずだ。柏原は、過去には、リーグ防御率1.41を記録したり、大学日本代表候補に選ばれるなど、十分な実績を残してきただけに、周囲からの期待は大きい。柏原の復調なしに、チームが求める優勝はなしえない。エースの復活は春リーグの優勝のカギを握っている。



リーグ戦での先発が濃厚の漆原


安定したピッチングをみせる、左腕・平尾拓


昨年は、多くのピンチを救った矢野


優勝の為に、柏原の復調を期待したい


野手陣を引っ張るのは、捕手で、4番を任される主将・川端。「打線のカギは自分が握っている」(川端)と、攻守の要、そしてチームの要としての自覚をはっきりと持つ。また、安定した守備をみせる内野責任者の大西(商3)や、外野責任者の宮川(商4)、レギュラー争いを繰り広げた末永(商4)、井手(スポ3)など、昨年チームに貢献してきた選手たちは、今年も活躍が期待される。さらに、白水(スポ3)、竹中(商2)、など高校時代に十分な実績を残した選手も揃う。この冬、チームとして力をおいてきたのは、からだ作り。中でも、食事とトレーニングに重点を置いた。「(選手の)スイング力があがった」(澁谷監督)というように、冬の成果は着実にでてきている。今年は打撃で多くの点を取り、投手をいかに楽させてあげられるかが、勝利へのポイントになりそうだ。



安定した守備に加え、打線の潤滑油としての活躍が期待される大西


昨年の同立戦で、大活躍を見せた宮川


また、今年の硬式野球部にとって注目すべきは、澁谷新監督の就任。澁谷新監督は同志社大学のOBであり、在学中は捕手・主将として活躍した。2回生時には第9回明治神宮大会での優勝を経験。また、指導者としては、平成23年から平成26年の間、滝川第二高等学校の監督として高校生の指導にあたり、就任2年目には、第94回全国高等学校野球選手権大会に兵庫県代表として同校を甲子園出場に導いている。良い意味で自由な環境にあった去年とは違い、今年は練習の質や量が増えているという。新監督が吹かせる新しい風が、どのような結果を導いてくれるのかに注目したい。


エースの復活、安定した打線、澁谷イズムの浸透。これらのポイントを春リーグにおいて着目してゆきたい。開幕戦は4/4(土)、わかさスタジアムにて行われる、対関学戦。この先続いてゆく、川端組の物語。いよいよ第1章がはじまる。誰も知らない物語の結末。神宮で優勝するというお話は、夢物語では終われない。   (斉藤裕太)



チームを引っ張る主将・川端。川端組の戦いが始まる

【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について