同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : ソフトボール部
'15春の展望「ソフトボール部女子」

大舞台へ駆け上がれ!



昨秋のリーグ戦で1部昇格までわずかに届かず、悔しさを残した同志社ソフトボール部女子。厳しい冬を乗り越え、ようやく訪れた春。雪辱を晴らすため、春季リーグを迎えようとしている。



すでに練習試合を多く行い、実戦での感覚をつかんでいる選手たち。守備からリズムを作り、攻撃へと移行する。



好投に期待がかかるエースの尾崎



守りの中心、マウンドに上がるのはエースの尾崎(スポ2)。ドロップ、ライズ、スライダー、チェンジアップ、スローボールの多彩な変化球に加え、インコースをせめる強気のピッチングで凡打を量産する。「安定していて、打たれていない」(松下・商2)と、これまでの試合でも大崩れすることはなかった。昨秋も安定して試合を作るピッチングをしていたため、春季リーグでも好投が期待される。また2人目のピッチャーとしてルーキーの下小薗(スポ1)が控え、昨秋全試合完投した尾崎の負担を減らしてくれるだろう。



正捕手を務める松下



尾崎を支える女房役を務めるのは正捕手の松下。「厳しいコースをついていきたい」(松下)とこちらも強気なリードが持ち味。最小失点で抑えていくためには、松下のリードも欠かすことができない。



内野陣は鉄壁の布陣を誇る



守備陣はコンバートが行われた。内野は昨秋セカンドを守り続けた名古路主将(法4)がサードに回り、セカンドは新しく金谷(商1)が加入。ファーストの寺井(スポ3)とショートの稲岡(スポ2)は安定感抜群の守備を誇る。ホットコーナーを経験豊富な主将が務めることで内野陣に厚みが増し、鉄壁の布陣となった。外野陣もセンターにルーキーで俊足の重富(スポ1)が入り、以前センターを守っていた結石(文4)をレフトに。ライトは薦田(経3)が務め、こちらも安定感が増した。DP(※野球でいう指名打者)は本山(社2)が務める。



打線の核を担う寺井



一方の打撃陣。ルーキーの加入で昨年より下位打線に厚みが増し、どこからでも点の取れる打線となった。リードオフマンを務めるのは金谷。ミート力に定評があり、高い出塁率が期待される。上位打線の走者を還す中軸は寺井、稲岡が中心。「チャンスでワンヒットを打ちたい」と2人とも声を揃える。中軸からランナーを出すことも多いため、得点源となることは間違いない。しかし現在は不調の寺井。彼女の復調が同志社打線の鍵を握る。さらに下位打線は昨秋主に5番を打った松下を7番に、1番を打っていた結石を9番に据え、チャンスメイクできるように。「自分が打って1番に回したい」(松下)と、下位打線の奮起にも期待したい。



インカレ出場を目指す選手たち



全員が声を揃えて掲げた目標は「インカレ出場」。そのため、リーグ戦では1つも落とすことのできない戦いが繰り広げられる。だが3月に行われた東海オープンでは見事優勝。練習試合でも勝利を積み重ね、自信をつけた同志社ソフト部。「インカレは見えている」(名古路)と、決して夢物語ではない。インカレ出場、そして1部昇格へ――。歓喜の瞬間は、そう遠くはない。(樋口 諒)


【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について