同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : 軟式野球部
'15春の展望「軟式野球部」

待ち望んだ球春到来



昨秋の西日本大会の結果はベスト8。悔しさを味わった新チームが掲げる目標は“全国出場”だ。憧れの全国大会の舞台に立つためには、春リーグを優勝で終えなければならない。この冬は新人戦でみつかった課題を克服すべく、各自体力強化を徹底し春を迎えた。



石田(商2)のピッチングに期待が高まる



昨年、全試合に登板したエース・振角(法4)が引退した投手陣。新エースに名乗りを上げたのが石田だ。冬場は下半身を鍛えるため走り込み、コントロールを磨いた。リーグ戦を前にした実戦登板では9回を完投し「球数を減らすことで投げきれるようになった」と自信をのぞかせた。新たなエースとしてフル回転が期待されている。他にも制球のいい藤本(社2)や変化球投手・蔵中(法2)など、タイプの異なる投手が控える同志社。チーム内で競争が生まれることで互いに切磋琢磨し、投手層はより厚くなっている。



一方、野手は激しいレギュラー争いを見せる。メンバーとそれ以外の選手の差がほとんどなく、それゆえに良い刺激を与えあう。そんな中で、キーマンとなるのが奥(法3)、白城(経2)、坂(社3)。旧チームで出場経験のある3人だ。



扇の要として活躍をみせる奥



奥は副将としてチームを引っ張るのみならず、巧みなリードで複数の投手をまとめあげる。バッティング面でも持ち前の勝負強さでチームの中核をにない、まさに攻守の要といえる存在だ。新人戦でも相手の盗塁を刺すなど強肩も光り、今年も目が離せない。



この春、白城が足でかき回す



昨秋1年生ながらショートのメンバーを勝ち取った白城は、今春は“出塁率”にこだわっている。「自分に求められているのは塁に出ること」と足でかき回すつもりだ。もちろん自慢の守備は健在。昨年から試合に出ていた貴重な経験を生かし、声でもチームを勢いづける。その白城と三遊間を守るのがサード・坂。主将として、攻守の軸として「チームが苦しい時に助けるプレーをしたい」と意気込む。昨年からコンビを組んできた二人が、高い守備力を誇る今年の同志社ナインを盛り立ててくれるはずだ。



チームをまとめあげる主将・坂



まもなく開幕する春リーグ、初戦の相手は立命館大学だ。昨年、春秋のリーグ戦と新人戦を通して、勝ちをあげることができなかった相手との一戦になる。だからこそ「立命館に勝って流れをつける」(奥)と、対戦に向けて闘志を燃やす。宿敵相手の白星をはずみに、全国の舞台まで駆けあがれ!(野﨑智花)


【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について