同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : 自転車競技部
'15春の展望「自転車競技部」


今春、注目選手!


自転車競技と聞いて"競輪"や"ロードレース"を想像する人は多いだろう。今年の同志社自転車競技部はそういった個人種目に加え、パシュートなどのチーム競技にも力を入れる。 昨年は川元(商3)や中西(政策3)といった個人入賞者が目立った自転車競技部。今年はチーム競技でも入賞を目指す。



そんな自転車競技部に、去年から徐々に力をつけ入賞の機会を狙う1人の選手がいる。それは2年生の富嶋(経2)だ。彼は中高6年間、伝統ある同志社高校のラグビーに在籍。副将を務め、京都選抜にも選ばれた。しかし、部活を引退した後、ロードバイクを購入したことから自転車の虜になり大学では自転車競技部に入部することを決めた。



練習に取り組む富嶋



入部当初はケガで手術を行い、また想像以上のハードな練習に耐える日々が続いた。そのような状況でも「しんどいことも多いけれど、楽しいこともある」とやり甲斐を感じながら練習に打ち込んだ。 

しかし、去年は思うような結果が出ず、納得のいかないままシーズンを終えた。今年は「ハロンで基準タイムをきること」を目標に掲げる。ハロンとは200mのタイムトライアルで、瞬発力が要求される競技。彼の持ち味である力強さを大いに発揮できるこの種目にまずは焦点を当てる。



 

レースで力強い走りをみせる富嶋



彼はひたむきな姿勢で周りを刺激する一方、チームのマスコット的な存在でもある。「部の雰囲気を良くすることが自分の役割」。そう話す彼は自転車競技部にとって必要不可欠だ。チームの主力へと成長する中で、「ケガをしない体作りと自転車競技の理解を深めること」を徹底していく 。今年の春は彼の更なる成長に期待したい。(小林洋貴) 


【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について