同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : 柔道部
'15春の展望「柔道部」
まずは京都府5連覇へ

昨年、およそ30年ぶりとなる全日本団体戦でベスト8入りを果たした同志社柔道部。「今年はチームの大黒柱だった黒田先輩(スポ卒)と内村先輩(法卒)が抜けるため、そこをどれだけ埋められるかが勝負」(米村主将・法4)。


黒田や内村といった主力メンバーが抜けた分、チーム全体の底上げや基礎体力の向上に力を入れているという今年の柔道部。団体戦での勝利にはチームワークが欠かせないが、「練習のときはチーム全員がライバルだが、練習が終わるとみんな仲が良く、チームワークは非常に良い」(米村主将)。昨年ベスト8となった全日本学生柔道体重別団体優勝大会では素晴らしいチームワークのもと、ベスト4入りを目指す。



黒田(右)から主将を継いだ米村(左)


そんな柔道部で今年度のカギを握るのは昨年の全日本学生柔道体重別選手権でベスト16入りを果たした梶谷(商3)、そして京都学生柔道段別体重別選手権で優勝している高波(スポ3)、山田(商2)。「梶谷と高波は同じ小杉高校出身で、非常に仲も良く2人でチームを盛り上げてくれている」(米村主将)。これまでの団体戦でもチームの勝利に貢献してきた3人の活躍は、今年の勝利にも欠かすことができない。



勝利のカギを握る梶谷(左)


梶谷とともにチームを盛り上げる高波


1年生のときから主力として活躍してきた山田(右)


同志社柔道部のこの春最初の試合は、5月に行われる京都学生柔道大会。圧倒的な強さを誇り、昨年まで大会4連覇を果たしている同志社の今年の目標はもちろん、優勝して大会5連覇を遂げること。「強い同志社を見せて、今後の関西学生、全日本学生につなげていきたい」という米村主将のもと、5月、6月と続く数々の試合へ、まずは京都学生で勢いをつけていきたい。(浅見怜奈)



昨年4連覇を達成した京都学生

【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について