同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : トライアスロン部
'15春の展望「トライアスロン部」
戦いの1年

昨年はインカレ8位というまさかの結果に終わったトライアスロン部。どの大会でも団体メンバーを占めていた4年生が卒業し、新4年生の選手も1人もいない今年度のDUTCにとって、厳しい1年が幕を開けた。


昨年の近畿学生トライアスロン選手権大会では個人1位から4位までを同志社勢が独占し、その強さを見せつけた。しかしその強さも全国の舞台では通用しなかった。「関西では強豪と言われているが、全国では全然だった」(原田主将・理工3)。スイムのある試合のできない冬季、関東の強豪・日体大と合同合宿を行い、関東のレベルの高さや層の厚さ、そして同志社の層の薄さを身をもって体感した。



バイクのパートリーダーを務める原田主将


スイムのパートリーダー・山本(理工3)


ランのパートリーダー・渡嘉敷(法3)

これまで団体メンバーであった4年生が卒業したいま、「団体メンバーがどうなるかわからない。全員が団体メンバーになれるチャンスがある」(原田主将)。今年度の目標は“インカレ団体入賞”。団体メンバーは3人のため、チーム内の上位3人の選手が速ければ目標は達成できる。しかし「自分がいたからインカレ団体入賞できた、と一人ひとりが思えてこそ、目標が達成できたことになる」(原田主将)。そのためにはチーム内での実力差がある現状から脱却し、チーム全体の底上げをすることが重要である。スイム・バイク・ランの3種目をバランスよく強化することが欠かせないトライアスロン。個人個人ができること、やるべきことを明確にしていけば、チームの力も上がるに違いない。冬が終わり、最初のトライアスロンの試合は5月のスプリング。昨年準優勝を果たしたこの大会でどれだけの力を見せつけられるか。DUTCの戦いが始まる。(浅見怜奈)



今年も群馬の地から戦いが始まる

【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について