同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : バドミントン部
'15春の展望「バドミントン部男子」

関西リーグ優勝、インカレ上位へ


「関西リーグ優勝、そしてインカレ上位へ」力強く今年の目標を語ってくれたのは主将・高崎(商3)。

大きな目標を掲げて同志社バドミントンHerosは走り始めている。



チームを率いる主将の高崎



バドミントンでは、いかに試合が長時間に渡っても、軽やかなフットワークを維持することは勝利への大きな条件となる。

そのため選手にはまず、強靭な下半身の持久力と粘りが要求される。走り込みは必須要件だ。

そのため、この春休みは、春以降への布石として走り込みに重点を置いた。選手たちの基礎能力にさらに磨きをかけるのが狙いだ。

加えて春の練習では一日通しの練習を複数回敢行。そこでは試合形式の練習は抑え目にして、ノック練習や各々の課題克服に当てた。

これからは昨年より一回りも、二回りも力強くなった選手たちが見れるはずだ。



ラケットを構える河内(スポ健・2)



世代交代して初めての大舞台が迫る。「新一年生はできる人が多い」(高崎)。四回生が卒業して抜けたあとは、かすかな不安を抱いていた主将。

しかし、そんな不安も一年生を見れば杞憂に終わった。

春の練習で全員がレベルアップしたと手ごたえを掴んでいる。戦力アップは必ずや他大の脅威となるはずだ。



スマッシュを放たんとする渡部(スポ健・4)



関西リーグ優勝からインカレ上位へ、まずは関西で宿敵にして強敵・龍谷大学を撃破せねばならない。戦力的には昨年とさほど変わっていないと予想されるが

「関西一の強豪校、絶対に倒す」と選手たちの士気は高い。

関西王者、そして全国の舞台へ――。彼らは飽くなき挑戦を続ける。(滝川晴也)


【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について