同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
硬式野球"Atom Selection -2015 spring season-" : 硬式野球部
初登板、初完封勝利。ルーキー見せた笑顔:福島孝輔

投じた100球目。打球はサードへ。勝利の瞬間、マウンド上の背番号15に、笑みがこぼれた。期待のルーキー福島(法1)が、大学初先発のマウンドで、京大相手に無四球完封。今季2勝目をマークした。



このリーグの対近大2回戦に初登板し、これまで計4試合に出場してきた福島投手。そんな彼にとって、先発での登板は今日がはじめて。前から監督に、「京大戦でいくぞ」と言われていた福島。改めて昨日、先発で投げるということを宣告された。大学での初先発。緊張よりも、わくわくする気持ちが勝っていた。



意識したのは、「先頭バッターを出さずに、テンポ良く投げる」ということ。ストライク先行のピッチングで、京大打線から凡打の山を築く。初回、そして2回に打線の援護があり、スコアは2-0で試合は進んでいった。



今日の京大1回戦、テンポの良い投球をみせた



初回から、快投を続けていた福島であったが、中盤、ピンチが訪れる。5回、京大の6番中村にレフトへの3塁打を放たれ、一死3塁。1点もやりたくない場面。「5回が終わったらグランド整備があり、いったん区切られるので、出し切ろう」。点を与えたくないという福島の気持ちがこもった投球で、2者連続三振を奪う。この回を0で乗り切った。さらに6回には二死3塁のピンチが襲う。しかし、ここも気迫がまさり、三振で切り取る。ピンチを自らの力にかえ、京大打線に点を与えなかった。



対近大2回戦、大学初登板で初勝利を手に。そして今日、大学初先発で初完封を手にした。順風満帆にみえる彼だが、ここまでの試合、決してそうとは言えなかった。リリーフとして登板した対関大2回戦では、高校時代に自信を持って投げていたカットボールが打たれ、チームは同点に追いつかれてしまう。対関大3回戦でもリリーフしたが、連打を浴び勝ち越しを許してしまう。対近大3回戦では、満塁の局面でリリーフしたが、押し出しの死球を与える。近大に勝ち越しを許してしまった。



対近大2回戦。大学野球デビューを果たした



対関大ではリリーフとして活躍した



高校時代は、夏の甲子園で優勝投手に。当然、周囲からは大学でも活躍が期待される。しかし大学の洗礼を浴び、思うような結果が出ない試合が続く。「チームに迷惑をかけてしまった」(福島)。試合後には悔しさのあまり涙を流すこともあった。悔しい思いをしてきたからこそ、チームに迷惑をかけてしまったという思いがあったからこそ、この1勝は彼にとって非常に大きなものとなったはずだ。



福島のこれからの活躍にも期待だ



「信頼される投手になりたい」。そう語った福島。これからも続く大学野球。いずれは同志社を担う選手へと成長してくれるはずだ。そして多くの人に見せて欲しい。快投でみせる、その笑顔を。 (斉藤裕太)

【硬式野球"Atom Selection -2015 spring season-"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について