同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : スピードスケート部
'15春の展望「スピードスケート部」

鍛錬重ね目標のタイムへ



昨シーズンはインカレ8位、関カレ5位という結果に終わったスピードスケート部。現在はシーズンオフでリンクでの練習は全体練習ではなく、陸上トレーニングを中心におこなっている。



多くの大会に出場するも予選敗退とその先へ進めない状態が多かった昨シーズン。新主将の高橋(理工2)は部全体のまとまりが欠如していたと振り返った。個人種目だけではなくリレー種目があるスピードスケート。3000㍍リレーなどでは1回滑走して終わりではなく1人で何度も滑走し、仲間の動向を常に確認しなければならない。そのため団結力は当然必要となる。部員の少ない同志社は選手同士が関わる機会が大所帯の部よりも多い為、チームの一体感は徐々に生み出されていくはずだ。



先頭を滑る主将の高橋



現在は男子選手が6人という中、女子選手が2人のみ。「確実に速くなっている」と高橋が太鼓判を押す彼女たち。初心者からこの競技を始めた土佐(スポ2)、岡本(同女2)だ。同学年で2人しかいないということもあり、互いに切磋琢磨し合い、バッジの昇級を目指している。2部部門で表彰される機会が多くあった彼女たちの更なる成長が来シーズン見られることは間違いない。



バッジテストでの昇級を目指す土佐


B級への昇級を目指す岡本



高橋は限られた練習時間や場所の中でも「頭で考え効率よく練習する」ように変えていきたいと考えている。毎年行われる夏合宿では陸上トレーニングだけでなく実際にリンクに立ち氷上での感覚をつかんでいく。他大学との差を強く感じた昨年を大きく越え、飛躍することができるか。ではなく夏に耐えしのぶ彼ら。成果が見られるのはまだ先となるが、目標とするタイムを目指し前へ進み続ける。(金川夏帆)



【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について