同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15春の展望 : ソフトボール部
’15春の展望「ソフトボール部男子」


ソフトボール部男子~野望編~


ソフトボール部男子。彼らには大きな野望がある。

「全国制覇」だ。誰もがこの4文字に憧れ、この響きに酔いしれることだろう。

決して平たんな道のりではないはずだ。しかし、彼らの瞳には全国の頂しか映らない。

そんな部員たちをまとめるのは、吉沢駿(主将・スポ4)。そして太田貴之(副主将・スポ3)だ。



主将としてチームをまとめる吉沢



インカレ出場に向けて、まずは春季関西学生ソフトボールリーグが始まった。

この大会で3位以内に入らなければ、インカレ予選にもつれ込んでしまう。なんとしてもそれは避け、自動的にインカレ出場を決めたい同志社。

チーム全体の状態は良い。あとは個々の力が必要になってくる。と、吉沢は語る。

質の高い練習をもっとする必要があるし、精神面も技術面もまだまだ足りないと、厳しい評価をした。



チームの勝利に向けてキーマンとなりうる選手として、太田、茶畑(スポ3)、大濱(商2)の3人が挙げられた。

まずは太田。1年生時から圧倒的な守備力を誇り、守備の要としてチームを支えてきた。

遊撃手として、彼の華麗なグラブさばきがこれからも幾度となくチームを救うだろう。



まさに守備の要。魅せる守備が光る太田。



次に茶畑。彼も一年生時からレギュラーとして出場しており、打線の主軸としてチームを引っ張ってきた。

今リーグの調子はまだ上々ではないが、彼の出塁が今後チームの勝敗を大きく分けるだろう。



ムードメーカーでもある茶畑。バッティングに長けている。



最後に大濱。現エースの佐野(政4)に代わって、大濱が一人で試合を投げきれるかが勝利のカギとなる。

まだまだ佐野に頼りすぎているところがあるし。大濱のエースに向けての成長が大きな課題ではないかと主将・副主将は語った。



2年生投手の大濱。彼の今後の成長が、大きなカギとなる。



インカレ出場に向けて。まずは関西でてっぺんを取る。そのためには打ち勝てるチームになる必要がある。

新チームになって、流れに乗ることがなかなか出来ていない。

均衡した試合で、いかに点数をあげられるか。打線の軸になる選手がもっと打てるようになり、先制されても落ち着いて逆転できる力と自信が今の同志社に欲しいところだ。



打撃の面でもセンスが光る太田。背中が頼もしい。



しかし、忘れないでほしい。彼らの最大の強みは何だろうか。それは「勢い」だ。

一度気流に乗ると彼らの勢いは非常に怖い。そのためには確実に先制点を挙げ、流れに乗れるかどうかが大きなポイントになる。

単純なプレーに対しても盛り上がれる雰囲気の良さ、チームワークの良さはどのチームにも劣らない。

そして、彼らのソフトボールは見ている者を楽しませ、見ている者を魅了する。まるでエンターテイナーのようだ。



彼らのチームワークは最大の武器となりえるだろう。



さて、春季リーグを終えると、次に始まるのは西日本大学選手権。

まずはこの大会で優勝する。西日本で負けているようでは、全国は取れないと豪語したチームの二本柱。

志は高く、見据える先は日本の頂点のみだ。

彼らの野望が果たされる瞬間を、この目で見てみたい。そう強く思う。(下田 満)




【'15春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について