同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15ルーキー特集 : 硬式野球部
'15ルーキー特集「硬式野球部」
同志社に現れた期待のルーキー、福島孝輔。この春のリーグ戦では1年生ながら多くの試合に登板。初登板では初勝利を挙げ、初先発では初完投勝利をあげるなど、今やチームの勝利に欠かせない存在となっている。



ルーキーながら堂々とした投球を披露


高校球児の憧れである甲子園で優勝投手となった彼。鳴り物入りで同志社へ入部し、周囲からは当然活躍が期待されることに。 しかし、「 高校時代甲子園とかで経験したことがすごい活きてる。マウンドに上がっても全然緊張とかしない」(福島)。そのプレッシャーをもはねのけるメンタル、実力をこのリーグ戦までに見せてくれた。ここまでチームトップの3勝をあげ、防御率ではリーグ7位。チーム内ではエース柏原に続く成績で、はやくもチームの核を担う存在となりつつある。



いずれは同志社のエースへ――


カットボールが武器の福島


誰もがうらやむ華やかな経歴を引っ提げて入部した福島。なぜ同志社を選んだのだろうか。もともと関西の大学への進学を希望していた彼。同志社を後押ししたのは、母校・大阪桐蔭の監督の「先輩もたくさんいるし、関西の中では1番しっかりしているので、同志社がいいんじゃないか?」という言葉だった。


入学してからはやくも2ヶ月がたとうとしている。キャンパスライフにもだいぶ慣れてきた様子。「好きな学食は温玉ぶっかけうどん。そばも食べてみたけど、自分の口には合わなかった」。ひとたび野球を離れれば、普通の大学生。祖母の家が木津にあり、そこでお世話になっているので、寮生活ではない。しかし高校のときとは違った毎日に、日々刺激を受けている。進学した学部は法学部。野球一筋だった彼にとって、授業は少し難敵のようだ。第二言語ではロシア語を選択。しかし小テストで芳しい成績をとることはできず、勉強との戦いはなかなか苦戦を強いられている。



京大戦では安定した投球で、試合のリズムをつくった


野球において、高校と大学での違いも実感してきた。「大学はバットが木なので、多少甘いところにいっても、高校なら打たれてたところも大学では凡打になってくれりするところが多い。そういう意味では思いきって腕振れてる」(福島)。高校のように繊細な気持ちではなく、今はゾーンのなかで力で勝負している。また、「彼にとって収穫のあるシーズンが送れている」(澁谷監督)、「あいつが投げるとリズムが生まれやすい」(川端・法4)と、指揮官や捕手からの信頼も厚い。



ルーキーながらもその背中は頼もしい


ここ何年か低迷が続く同志社。「優勝から遠ざかっているので、少しでも優勝に貢献したいと思う」(福島)。高校時代、頂点を味わった男の次なる舞台は大学。次は同志社での優勝を――。期待の新星は、未来のスターになるべく、この春、スタートを切った。 (斉藤裕太)



大学4年間での目標は、もちろん日本一になることだ


◯プロフィール
福島孝輔
法学部
180㌢・80㌔
大阪桐蔭高校

【'15ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について