同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15ルーキー特集 : バドミントン部
'15ルーキー特集「バドミントン部女子」

2つのリーグ戦が重なったこの春、怒涛の日々をしっかりと闘い抜いたバドミントン部女子。チームが迎えた期待の新戦力・木村綾花(文情1)は、ルーキーながら2大会全10試合すべてに出場し、圧巻の活躍を見せた。



力強いガッツポーズが木村のトレードマークだ



エース・岸田(社4)と同じ奈良市立一条高校出身の木村。高校時代には、インターハイ予選シングルスで優勝という金字塔を打ち立てている。高校の練習で顔を合わせていた岸田の存在や、その当時から村尾監督を知っていたこともあり、同志社への進学を意識するようになった。木村の思う同志社の良さは、「盛り上がる応援と、チーム全体のレベルの高さ」。また、普段は和気あいあいとしているが、厳しい練習には真剣に取り組むメリハリのある雰囲気にも惹かれており、入部してまだ間もないが、「同志社に来て良かった」と感じている。目標とするのは、チームの大黒柱である岸田・深川(商4)ペア。「たくさん練習して追いつきたい」。頼もしい先輩の背中が、目指すべき場所を教えてくれた。



木村の最大の武器は、171cmの長身から放たれる威力抜群のスマッシュ。パワーも角度も備えた彼女のスマッシュは、コート奥からでもラリーを決める一打になり得る。しかし、現状のプレーに満足はしていない。「課題はたくさんある。レシーブを低めにするなど、今の課題を全部克服してやるぞという気持ちでいきたい」。持ち味のスマッシュを最大限に生かした理想のプレーを実現するため、貪欲に技術を追い求めてゆく。



勝利をつかみ、仲間とハイタッチをかわす木村



「早く1本取れる選手になりたい」と強く語る木村。鈴木主将(スポ3)とのペアで出場した今春のリーグ戦では、フルセットにもつれこむ試合が多く、接戦を制する嬉しさも、惜敗の悔しさも味わった。「試合に出してもらう度に勝ちたい気持ちが強くなる」。大学という新たなステージに立った木村の挑戦は、まだ始まったばかり。勝利への情熱を胸にコートに立つ彼女の前には、大きな未来が広がっている。(松山奈代)




○プロフィール

木村綾花

文化情報学部

171㌢

奈良市立一条高校


【'15ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について