同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15ルーキー特集 : 相撲部
’15ルーキー特集「相撲部」

古豪復活を目指す相撲部に対照的な2人の部員が入部した。中栄広平(法1)と、北村祐志郎(社1)である。



新人戦、団体戦で中堅・中栄(左)に気合いを入れる先鋒・北村(右)



中栄は相撲歴3年とまだまわしを巻いて日が浅い。中学校でバスケットボールをやっており、「やめてから太ってしまった」。すると鳥羽高校入学早々、相撲部員から熱い勧誘を受けた。「新歓でやってみたら楽しかった」。ひんなことがきっかけとなり相撲部に入部したが、彼は徐々に相撲に魅せられていった。そして、選択のとき。大学で続けるかどうか、迷ったが、「勝った時のうれしい気持ちを大学でも感じたいと思った」と続けることを決意。鳥羽高校の先輩が多くいる同志社大学相撲部に入部をした。そんな中栄はこの2か月で成長を見せた。「粗削りだけど、スピードがあって良い」(伊藤監督)。今年の大注目株である。



鋭いまなざしで相手に向かう中栄



北村は中栄と打って変わって小2で相撲を始め、土俵に立ち続けて今年で11年目だ。「小さいころから大相撲を見るのが好きだった」。自分もやってみたいと感じ、まわしを巻き、相撲を始めた。そんな北村の強みはスピード。そのスピードを生かし、GWに行われた全国大学選抜相撲宇佐大会の個人戦では1勝を挙げた。また、途中出場ではあるものの、既に団体メンバー入りも果たした。北村の今年の目標は「団体メンバーで活躍すること」。スピードに磨きをかけ、さらなる成長に期待がかかる。しかし、175㌢90㌔と体は小さく、強者揃いの学生相撲界で戦うためには「体重を増やさないとだめ」(伊藤監督)。まずは体づくりが課題であるようだ。



集中して試合に臨む北村



部員10人で和気あいあいとした雰囲気の相撲部。ルーキー2人も既に溶け込んでいるようだ。しかし、まわしを巻くと気持ちは一変。5人の団体メンバー入りをかけ、全員がライバルとなる。お互いが切磋琢磨し、チームが強くなることに期待したい。古豪復活を果たす日もそう遠くはない。(柳生芽衣)



○プロフィール


中栄広平

法学部

177㌢・113㌔

鳥羽高校


北村祐志郎

社会学部

175㌢・90㌔

報徳学園高校


【'15ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について