同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15ルーキー特集 : ソフトボール部
'15ルーキー特集「ソフトボール部女子」

今春のリーグで創部初となる1部昇格を見事果たし、西カレへの出場権も初めて獲得。同志社ソフト部にとって素晴らしい春のシーズンとなった。その原動力には、即戦力ルーキー3人の加入があったからに違いない。



ミート力に定評のある金谷



1人目は北海道のとわのもり三愛高校出身の金谷愛美(商1)だ。高校時代は春のセンバツで全国優勝を経験。主にショートを務めていた。そんな金谷は、今春のリーグで全試合1番セカンドでスタメン出場。守備には安定感があり、広い守備範囲を誇る。打撃面では、確実性の高いバッティングを武器にヒットを量産。「金谷が出塁し、中軸で返すのがうちの形」(岡本監督)。監督の期待に応え、高い出塁率を残し、1番打者としての役割を見事に果たした。俊足も兼ね備え、左打者特有のバントヒットも放つ。しかし非力なわけではない。リーグで通算2本のホームランを放ち、1発の打てるパンチ力も併せ持つ。「打てない気はしない」(金谷)。1年生ながら物怖じしないバッティングを見せる、度胸満点の中距離ヒッターだ。



俊足を誇る重富



春のセンバツでこちらは準優勝、岡山県の創志学園高校出身の重富めぐみ(スポ1)も加わった。創志学園は日本代表として韓国に派遣。そんな名門校の主将を務めていた。重富もリーグでは全試合6番センターとしてスタメン出場。自慢の俊足を武器に、ショート正面の当たりを内野安打にする場面も。快足を飛ばした広い守備範囲も重富の売りだ。4月12日の摂南大戦では、左中間にライナー性のホームランを放つなど、力強いバッティングも見せる。「チャンスでよく打席が回る」(重富)と、ラッキーガールになりつつある重富。高校時代の主将の経験を生かし、センターから守備位置の指示を出す。両翼は先輩だが、遠慮することなく他の選手よりも大きな声を出し、チームを鼓舞している。



力強い投球をする下小薗



チームが待ちわびていたピッチャーも加入。鹿児島県の神村学園高校出身の下小薗詩希(スポ1)だ。昨秋のリーグでエースの尾崎(スポ2)が全試合完投したため、ピッチャーの加入は必須だった。夏のインターハイでは全国優勝を経験。高校時代の監督の勧めで同志社に進学した。ドロップ、スライダーを軸に、チェンジアップと習得中のライズボールを駆使し、低めにボールを集め、ゴロを打たせて取るタイプ。リーグでも2試合で3イニングを投げ、被安打1、投球数は32球と、安定感抜群だ。「フォームを安定させられるようにしたい」(下小薗)。自らの課題を解消することができれば、おのずと登板機会も増えていくはずだ。暑くなっていくこれからの時期には、下小薗の存在は欠かすことができない。



今後も活躍が期待される下小薗(左)、金谷(中央)、重富(右)



全国各地から集まった3人は、すでにチームの軸として活躍する。8月には初の西カレ、9月からは1部としてリーグ戦が始まる。チームが勝ち進むためには、3人の活躍が必要不可欠だ。ルーキー離れした実力を見せつけ、勝利へと導いてほしい。(樋口 諒)



○プロフィール

金谷愛美(かなやめぐみ)

商学部

161㌢・51㌔

とわのもり三愛高校

趣味:寝ること


重富めぐみ(しげとみめぐみ)

スポーツ健康科学部

161㌢・57㌔

創志学園高校

趣味:食べること


下小薗詩希(しもこぞのしき)

スポーツ健康科学部

164,8㌢・56㌔

神村学園高校

趣味:料理

【'15ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について