同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15ルーキー特集 : ラクロス部
'15ルーキー特集「ラクロス部」

昨年思ったような結果が出せず、雪辱を果たすべく立ち上がった同志社ラクロス部女子。そのラクロス部女子に心強いルーキーが現れた。彼女の名は山本ななえ(スポ1)。山本は高校三年生の時MVPを獲得するほどの実力の持ち主だ。

 


1年生らしい初々しさを見せる山本



小学校、中学校とバレーボールをやっていた山本。「スポーツが大好きなんです」。と語る根っからのスポーツガールだ。そんな彼女をラクロスに導いたのは、憧れの先輩の存在だ。そこから山本のラクロス人生がスタートした。

 山本のポジションはセンター。センターの役目はボールを前衛まで運ぶことだ。しかし、山本の持ち味は運ぶだけでは終わらないところにある。山本はボールを運ぶだけでなく、果敢にゴールを狙いにいく。その結果、アタックが1人増える。山本の存在が相手にとって脅威となることは間違いないだろう。

 アタックには自信を見せる山本にも苦手なプレーがある。それはディフェンスだ。当たり前のことだが、大学では高校より高いレベルが求められる。「1年からレギュラーを狙っていきたい」。同志社のセンターのポジションを勝ち取るにはディフェンスが必要不可欠だ。

 山本は取材の最後でこう語った。「同志社ラクロス部女子の関西制覇に貢献したい」。一年生から上を目指す熱い気持ち。この熱さが同志社を一層熱くする。(中川貴一朗)



◯プロフィール

山本ななえ

スポーツ健康科学部

158㌢

同志社高校


【'15ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について