同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15ルーキー特集 : 陸上ホッケー部
'15ルーキー特集「陸上ホッケー部男子」

1部昇格を掲げ、現在2部春季リーグで奮闘中の陸上ホッケー部男子。毎年少人数での活動だが、今年はすでに経験者2人を含め4人の新入部員が加わっている。



まず1人目は北野隆幹(理工1)。高校の部活動でホッケーを始めた。これまでずっと楽しくプレーしてきたことで、「ホッケー部のある大学に行きたかった」と早くから大学でも続けることを決めていたという。入学前の春休みから大学の練習に参加し、現在すでに試合でプレー。ポジションはFWで、スピードを生かしたプレーが持ち味だ。この春リーグではまだ無得点だが「ゴールを決めたい」とリーグ得点王を狙っている。そんな北野は大学から下宿生活を始め、田辺でアルバイト中。某牛丼チェーンに「早朝に来てください!」とのことだ。




前節京大戦でプレーする#18北野


続いては上田智行(政策1)。中学の頃からホッケーを続けている経験者だ。中学校にホッケー部があるのは関西ではたった3校。そのまま高校でもスティックを持ってボールを追いかけた。意外にも、大学からは新しい競技を始めようとしていたというが、北野に熱心に勧誘されて入部を決めた。高校までは左MFを務め、「ドリブルが好きで敵を抜いたり、パスで崩す」と自分の持ち味を分析する。また攻撃の要となる右インサイドを抑える左インサイドとしての役割も意識しているという。春リーグにも出場しており、中盤を活性化させる存在として期待されている。




上田#17


3人目は山中丈司(理工1)。中高はバスケ部だったが、大学では何か体育会に入ろうと考えていた。新歓で陸上ホッケー部を知り、アットホームな雰囲気に惹かれて入部を決意。ホッケーは全くの初心者だが、中高とずっと同じ競技を続けてきたため、練習が「新しいことだからこそ楽しい」という。山中は理工学部で、授業や実験も多いが部活との両立を目指している。今後は「試合に出る!」べく基礎練習を積み重ねる。


そして4人目は玉田岳士(経1)。山中と同じ同志社高校で中高6年間バスケ部に所属していた。大学では一時、水泳部への入部も考えたが、これまでプレーしたことのない新しいスポーツである陸上ホッケーを始めることに決めた。部員数が少ないことやルールなど、ホッケー初心者の玉田にとっては全てが新鮮。特に、ボールを直接手で触るバスケと違い、「ボールと体の間に何かあるスポーツなので難しい」とスティックの扱いに苦戦しているという。現在の目標はやはり試合に出ること。尊敬する部員は「先輩方全員!」。これから様々なことを吸収し、試合で躍動してほしい。



試合での活躍が楽しみな#14玉田、#15山中



例年人数が少ない陸上ホッケー部だが、今年はすでにプレーヤー4人、そしてマネージャーも入部した。これから更に部員が増えることも期待できる。経験者と初心者がお互いを刺激し合い、同志社の持ち味である「全員ホッケー」を1日でも早く体現したい。(中島萌奈美)



◯プロフィール
北野隆幹
理工学部
173㌢・57㌔
長浜北高校

上田智行
政策学部
166㌢・58㌔
大谷高校

山中丈司
理工学部
180㌢・65㌔
同志社高校

玉田岳士
経済学部
178㌢・72㌔
同志社高校

【'15ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について