同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15ルーキー特集 : 準硬式野球部
'15ルーキー特集「準硬式野球部」



サードを守る小熊



準硬式野球部の即戦力として4月からリーグに出場し活躍を見せるルーキー、小熊雄飛(スポ1)。



高校時代は花巻東で2年夏に甲子園にスタメンで出場し、ベスト4を経験。副キャプテンに就任すると3年春で東北大会で優勝した。最後の夏は惜しくも1点差で盛岡大附属に敗れるも、5番としてチームの打線を引っ張った。



進路を監督と相談する上で出てきた硬式野球か準硬式野球という選択肢。特にこだわりを持たなかったという彼は準硬式野球部に入部を決め、スポーツ推薦で同志社へ入学した。準硬式野球という未知のジャンルに不安を感じていたが、楽しいなかにもメリハリがあるこのチームの雰囲気に惹かれていった。



代打で凡退に終わり悔しい表情を見せる



2月から練習に参加していた彼は1年生で唯一ベンチ入りし、4月の対関学1戦目に代打で初出場を果たした。初ヒットこそ叶わなかったものの、ここから出場機会を増やしていく。2戦目では6番ファーストとしてスタメン出場。先頭打者として2本のヒットを打ちアピールに成功した。



ヒットを放つ瞬間



1年生から試合に出ている彼が意識することはフレッシュさ。「若さでチームを盛り上げたい」。そんな彼を支える周りの先輩。声をかけてもらうことでリラックスして試合に臨めるという。なかでも1番仲が良い先輩は同じサードの坂枝(経2)。「(小熊は)野球がとにかく好きでいつも一生懸命」(坂枝)。坂枝は今春絶好調で新人賞やベストナインを獲得。彼の活躍を近くで目にしたことで刺激され、秋の新人賞は自分がとると意気込んでいる。



関西選手権大会優勝後、笑顔の坂枝と小熊



厳しかった花巻東と自由な同志社。対照しているようで共通点もあると感じている。それは「勝ちへの執念」だ。「追い込まれても諦めない強さが似ている」。関西選手権大会の決勝で龍谷大に追いつかれるも最終回突き放した勝負強さ。「学ぶところがたくさんあった」。同志社はこの夏行われる全国大会への出場を決め、今勢いに乗っている。「結果を出す」。強く誓った全国大会への決意。彼のひたむきさと若さがチームの追い風となること間違いなしだ。(金川夏帆)



◯プロフィール

小熊雄飛

スポーツ健康科学部

173㌢・70㌔

花巻東高校






【'15ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について