同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15ルーキー特集 : ハンドボール部
’15ルーキー特集「ハンドボール部男子」

今、勢いに乗っているハンドボール部男子。春季リーグは2部で全勝優勝。その後の入れ替え戦でも見事に勝利し、悲願の一部昇格を果たした。そんなチームに今年も期待の新人が7名加入した。今回は3名のルーキーを紹介する。



一人目は愛知高校出身の村瀬元基。中学時代には全国優勝、高校でもインターハイ準優勝と全国のトップを経験している。そんな彼の持ち味は知識を生かしたプレー。高い経験値と頭脳を使ったプレーで相手をほんろうする。また、手首が強く、シュート力のある村瀬。これらの強みを、自分より体の大きい相手にどれだけ生かせるかが活躍のカギとなる。



2人目は谷口魁。北陸高校時代にインターハイ3位、選抜大会では準優勝に輝いた。しかし、大学入学前の練習に参加した際にひじを関節内骨折。残念ながら春リーグの試合には出場できなかった。高い身体能力に定評がある谷口。けがから復帰し、コートで躍動する姿を早く見たい。



3人目は大野拓海。入学して数か月だが、持ち前の明るさと愛嬌で皆に愛されている。もちろん、プレーでもチームに貢献。出身の氷見高校では、ポストというポジションで全国ベスト8を経験した。大学では逆サイドを務める。「低い身長のプレースタイルを確立したい」。体はそれほど大きくはないが、足を動かし、ガッツあふれるプレーで会場を魅了する。



活躍が期待される大野(左)、谷口(中央)、村瀬(右)



「高校の常識は通用しない。大学のハンドボールに慣れろ」。そう後輩にエールを送った主将・柴田。ボールの速度、体を生かしたプレーなど試合でもより高いレベルが求められる。次の戦いは西日本インカレ。同志社ハンドボール部の躍進を若い力が後押しする。(髙宮未咲)


村瀬元基

心理学部

174㌢・77㌔

愛知高校


谷口魁

経済学部

178㌢・70㌔

北陸高校


大野拓海

法学部

170㌢・63㌔

氷見高校


【'15ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について