同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : 硬式野球部
'15秋の展望「硬式野球部」
春リーグを5位で終え、満足のいく結果を残せなかった同志社ナイン。季節は変わり、彼らが次に挑むのは秋のリーグ戦。これは、4年生にとっては学生最後となる戦いの舞台。今秋、関西リーグ優勝を目標へと掲げる彼らの戦いがついに幕をあける。



秋リーグは巻き返しを図りたい


春リーグ以降、澁谷監督が重点的に取り組んできたのが投手陣の強化。「(春リーグは)1試合に3点以上とられていた」(澁谷監督)と、春は投手からリズムが作れない試合が目立った。その反省を生かし、夏の暑い間、投手は徹底的に走り込みを行う。走りこむことにより、精神にも体力的にも一回り強くなった同志社投手陣。秋こそは投手から流れをーー。春リーグで長かった不調から脱したエース柏原(理工4)、春リーグでは1年生ながらチームの最多の3勝を挙げたルーキー福島(法1)の2本柱は今秋も健在だ。また、春は不調であった矢野敦(商4)はこれまでのオープン戦を通し、本来の力を戻しつつある。さらにケガから復帰した左腕・平尾拓(経2)は中継ぎ登板も予想され、投手を支えるリリーフの躍動も、同志社の勝利には欠かせない。


攻撃面では、相手投手に合わせた打線で、打ち勝つ野球を展開していきたいところ。中でも4番をつとめる川端(法4)は、「(バッティングの調子が)今までで1番良い」と、大学でのラストシーズンに自信をのぞかせる。また、春にベストナインに選出された3番・井手(スポ3)も「安定して力を出せるようになってきた」と、秋リーグでも主軸としての期待がかかる。その他にも、圧倒的な出塁率を誇る白水(スポ3)や、シェアな打撃が持ち味の檜垣(法2)など、春リーグで存在感を十分に発揮してくれた選手が、秋も躍動すれば、得点力が上がることは間違いない。また、ケガの影響が心配される宮川(商4)を含め、宮本(スポ2)、西田(貴)(社2)、西田(健)(商3)、酒谷(商2)など好打者揃いの外野手のレギュラー争いはは混戦模様。相手投手に合わせた日替わり打線で、どこからでも点が取れるつながりを見せつけたい。


秋リーグの見所はまだまだ尽きない。これまでセカンドを守っていた大西(商3)はショートへとコンバートを果たした。これまで見せてくれた華麗な守備を今度はショートで披露してくれるであろう。また、ファーストには新戦力の辻(商1)が台頭。持ち味の打撃で、同志社打線に新しい風を吹かせる。



打ち負けない野球を展開していきたい


「後輩に何か残してやりたい」(川端)。4年生にとっては最後のシーズンでもある秋リーグ。「僕らが入ってから良い結果が残せていない」(末永・商4)。今の4年生が入部してから、これまで7シーズン中6回がリーグ5位と、無念な思いを抱え続けている。なんとしても最後の最後で、有終の美を飾りたい。


秋リーグ、開幕戦は9月5日にわかさスタジアム京都にて行われる対近大戦。まずはこれを勝利で飾りたい。無念の春から逆襲の秋へ。同志社ナインの戦いがはじまる。



チーム一丸となり、勝利を目指す


繰り返された、何度も味わった苦い記憶にそっとカギをかける。関西制覇、そして神宮へーー。ラストシーンは歓喜とともに。 (斉藤裕太)



川端組、最後の戦いが始まる


澁谷監督
(秋リーグに向けて)
春リーグはあっという間に終わってしまった。個々の良いところを引き出すことができなかった。秋はもちろん優勝を目指す。




川端(法4)
(秋に向けて)
自分はチームを背負っている。夏の間は特にメンタル面の強化を図ってきた。春は、いろいろなプレッシャーがあって、本来の力が出せなかった。「自分が情けない」と思った。主将となり、自分の力のなさに気づいた。秋になって多少余裕ができた。それぞれが自分がやらなきゃという自覚をもっている。優勝する。




柏原(理工4)
(大学生活、ラストとなるリーグ戦に向けて)
自分が大学に入ってからまだ優勝を経験していない。優勝する。自分の調子にムラがあるので、リーグ戦までに調整していく。バッターと勝負していく。自分に与えられた仕事をチームのために全うする。




末永(商4)
(自身最後のリーグ戦に向けて)
優勝したい。どんな形であれ、チームに貢献できたら良い。夏の間は練習量を増やした。




宮川(商4)
(チーム状態や手応え)
今自分はけがで一緒に練習できてないんですけど、結果とか聞いてるかんじでは悪くないかんじ。格上の相手にも粘りが出てきたりしている。
個人としてはけがで今はもう投げられない状態。とりあえずバッティングだけでも、自分のできることだけでも貢献できるようにしたい。
(秋に向けて)
自分たちまだ一回も神宮いけてないんで、4回生川端とか、柏原とかとみんなで最後神宮いって笑って終われたらなと




矢野(敦)(商4)
(チーム状態、手応え)
今は一番いい状態かなと思います。メンバーにはずっと出てる人とスタンドとかにいる人で、試合に出てる出てないでちょっとした気持ちの差が出てきてるので、そこをなくしていってチームを一つにして同じく目標に向かっていくんだぞという気持ちを持ち続けて、それを秋リーグで出していけたらなと思う。




井手(スポ3)
(春リーグが終わって取り組んできたこと)
バッティングも守備もまだまだ足りないんで基礎的なところ振り込みや走り込みなどからやっていって、守備の確実性や振りの強さをもっとあげていきたい。
(チーム状態、手ごたえ)
打順はだいたい3番を打ってる。個人的に安定してきたのかなあと、絶好調というわけではないけど、安定して力をだせるようになってきた。守備も落ち着いてできるようにはなってきた。




大西(商3)
(秋リーグに向けて)
4回生にとっては最後のリーグとなるので負けられない。オープン戦を通して、格上の相手とも接戦をしてきた。個人的にも状態は上がっている。
(ショートにコンバートしたことについて)
8月に入ってからショートになった。過去にショートはやったことがあるので、初めてではない。セカンドとは違い、投げる距離が多くなるので、そこを徹底していきたい。




白水(スポ3)
(春リーグを終えての収穫と課題)
5位に終わり、去年と同じで悔しい。また一から練習しようと思った。個人的には、春リーグ、打撃である程度の結果は出したものの、もっと上へいきたい。
(秋に向けての意気込み)
優勝したいです。




京田(商3)
(春リーグを終えて)
スタメンではなく代打でのバント代表の役割だったが、前半はできてなくて、後半はまあまあできていたので、全てこなせるようになりたい
(秋に向けての意気込み)
ラストシーズンになるかもしれないので、チーム一丸となって頑張りたい




平尾拓(経2)
(秋リーグに向けて)
春リーグはケガをしてしまった。今はそれが治ってもう一回野球ができた。神宮にいきたい。万全な状態なので、強気でいきたい。1人1人が自分の仕事をすれば勝てる。落ち着いて、いつも通りプレーしたい。




檜垣(法2)
(秋に向けての意気込み)
個人の結果はあんまり気にしてなくて、それよりもチームが5位で悔しい思いをいっぱいした。
初戦結構いろんな意味でみんな緊張したりかたくなったり力をだせない部分もあるとおもうけど、一節目とれたらそこから勢いもつくと思うしそういう面で最初がすべてだと思うんで、一戦一戦、そのあとも京大戦関学戦と続いていくけど近大に勝ち点を取ることだけを考えていきたい。




福島(法1)
(春のリーグ戦の収穫)
大学のレベルが投げてみないとわからなくて不安だった。多く投げさせてもらっていい経験になった。秋リーグは4年生とやれるのが最後なので、4回生の分まで思いっきり
(春から取り組んできたこと)
ランナーを出しても点を与えないことを意識してきた。勝負所での精度が上がった。春よりも精神面が強くなった。


【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について