同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
早大に競り勝つ
立命大に悔しい敗北...
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
'15秋の展望 : バスケットボール部
'15秋の展望「バスケットボール部」

反撃の狼煙をあげろ



春シーズンを関西ベスト8、西日本ベスト16で終えた同志社バスケットボール部。天理大に勝利するなど手応えを掴んだ。秋のリーグ戦は4年生にとって最後の公式戦となる。「インカレ出場」を最大の使命に、戦いに挑んだ。



ドライブからの得点が増えた高山(政策4)



リーグ戦1勝3敗。思うような結果が出せていないのがバスケ部の現状だ。開幕戦、対大経大。今年から1部リーグに上がってきた格下相手に競り負けると、チームは連敗。オフェンスは噛み合わず、思うように攻めることが出来ない。また、相手にリバウンドを支配され、セカンドボールを拾われ失点。勝負弱さが露呈してしまった。


しかし、徐々に”同志社らしさ”を取り戻しつつある。直近のゲームで流科大に勝利すると「今日の内容であれば(次週の)大院大、関学にも通用する」(尾前監督)。チームカラーであるDFから速攻での得点シーンは増え、チームに勢いが出てきた。オフェンスを引っ張るのは、ガードの高山。「怖いから離せ」と相手応援席から声が飛ぶほど、驚異的な存在だ。スピード感あふれるドライブで相手を置き去りにする。FW陣には、点取り屋が揃う。荒谷副将(スポ4)は「ノーマークなら落とす気はしないよ」。正確無比のアウトサイドシュートを武器とする。また、それだけにはとどまらない。バスケットIQの高さ、視野の広さを生かし、チームをけん引。絶大なる信頼を得ている。川武(社4)も負けてはいない。1対1からのジャンプシュート、また3ポイントの精度は増し、得点源として活躍している。ここ一番、1対1で決めきる勝負強さに期待したい。そしてリバウンドを課題とするセンター陣。今リーグ戦、スターターに定着した元田(商3)は、体を張ったプレーに期待がかかる。彼のさらなる成長は、形勢逆転に必要不可欠だ。



「プレータイムはのびる」と、尾前監督からの期待も大きい下田



控えにも粘り強いDFが持ち味の改田主将(スポ4)、外と中を器用にこなす井島副将(法4)、スティールから流れを変える佐藤(商4)、泥臭いランプレーでチームに貢献する下田など曲者が揃う。彼らの台頭はチームに勢いをもたらすだろう。



聖地・代々木でプレーする姿は見れるのか



「丁寧なプレーを積み重ねること。最後はそこが結果につながる」(尾前Hコーチ)。1つ1つのプレーに一喜一憂することなく、1試合通して緊張感をもってプレーすれば、必ず勝機はある。止まない雨はない、希望はすぐそこにある。同志社バスケ部、反撃の時はきたーー。やられたらやり返す、倍返しだ。(平野裕貴)

【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について