同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : 準硬式野球部
'15秋の展望「準硬式野球部」


全員野球で春秋連覇へ!



8月に行われた全日本大学準硬式野球選手権大会をベスト16で終え、新体制となった準硬式野球部。全国大会を経験した主力選手が多く残っており、リーグ春秋連覇にかかる期待は大きい。



先発としての期待がかかる青木(商2)


1年生にして全国の舞台を経験した富永(法1)



松本(憲・スポ4)から主将を引き継いだ福井(商3)が展望を語る上でたびたび口にした「全員野球」。その重要なピースとなる投手陣には山下(心理3)、青木、富永らが名を連ねる。しかしエースとなる山下が現在ケガのため、戦線を離脱せざるを得ない状況だ。そこで先発が予想される青木。春季リーグではリリーフとして多く登板してきた。そんな彼が武器とするのはストレート。エースの不在をものともせず、力強い投球を見せてくれること間違いなしだ。



この秋手腕が試される河野(文2)



枚数が多くそろう投手陣を束ねる捕手は河野。「熱い男」と福井が評する彼だがよく考えることも怠ってはいない。「自分のなかでセオリーを持っている」(岡本・商3)。3年間正捕手を務めてきた松本前主将の存在は大きいが、彼の芯の強さで「これから」の同志社をリードしていく。



副将に4番と大役を担う岡本



そして同志社の1番の強みである攻撃力――。旧チームで1番、3番、4番を務めてきた福井、坂枝(経2)、岡本がそのまま入る頼もしい打線となっている。春季リーグでの打撃10傑である彼ら。なかでも坂枝は最多打点賞、新人賞を獲得。岡本は最高殊勲選手、三冠王にも選出されている。そんなスター揃いの打線にさらに華を添えるのが小熊(スポ1)、辻(社2)だ。小熊は1年生ながらも春季リーグから出場、スタメンも経験しており、彼のひたむきさ、フレッシュさでチームを盛り上げる。ここ1番での代打としての起用が多かった辻。春季リーグ対阪大1戦目では決定打となる2点適時二塁打を放ち、勝負強さを見せた。レギュラーとしてコンスタントに結果を残すことができるか、彼のバットに注目したい。



毎年恒例であるリーグ前の合宿で追い込みを終え士気の高まっている選手たち。「総力戦で勝ちにこだわる」(福井)と、意気込みは十分だ。全員野球で仲間を信じ、王者への道を突き進め!(金川夏帆)



談笑する新旧主将(左・福井、右・松本)




【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について