同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : バドミントン部
'15秋の展望「バドミントン部女子」

雪辱の秋



優勝を目指し、応援も含め全員が一丸となって戦った春。同志社は、関学、立命館、京産大と同じ勝ち数で関西リーグ7連覇中の龍谷大を追いかけ、大混戦を繰り広げた。しかし、その混戦から飛び抜けることはできず、無念の4位で幕切れとなる。「各々の課題を克服して秋につなげたい」(深川)。夏の合宿や西日本選手権での経験は、1人ひとりに大きな成長をもたらしてくれたに違いない。積み重ねた努力の成果を発揮する時がついにやってきた。雪辱の秋季リーグが明日、開幕する。



ダブルスで絶対的な安定感を誇るのは、西日本王者である岸田・深川ペア。龍谷大の牙城を崩すことができるのは彼女たちだけだ。西日本を制覇した勢いのまま、今季もチームの先頭で勝利への道を切り拓く。



西日本選手権での深川(商4)(左)、岸田(社4)(右)



シングルスで活躍が期待されるのは、エース・岸田、鈴木主将、北村の3人。



深川とのダブルスだけでなく、シングルスでも頼もしい存在である岸田。自身の持ち味である力強いスマッシュと、巧みに相手を揺さぶるプレーで、貫録の一本をチームに持ち帰ってくれるはずだ。



「キャプテンだから勝たないと」と、誰よりも熱い闘志を胸にコートに立つ鈴木主将。春には立命館のエースを撃破する大活躍を見せてくれた。主将の真価はチームが苦しい時にこそ発揮される。



ガッツポーズをする鈴木(スポ3)



西日本選手権の個人戦シングルスで、チーム内唯一ベスト32入りを果たした北村。今年に入ってから、シングルスの戦力補強がチームの課題となっていたが、彼女がその突破口となってくれるかもしれない。



次世代を担う存在になりつつある北村(スポ2)(右)



その他にも、春季リーグにフル出場し、大活躍した木村(文情1)や、西日本選手権で団体メンバー入りを果たした藤元(商1)など、ルーキーの活躍も期待される。誰もが一つの悔いも残さないように、秋晴れのような清々しい気持ちで幕を引けるように――。いま、彼女たちは新たな戦いに立ち向かってゆく。(松山奈代)



【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について