同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : ソフトボール部
'15秋の展望「ソフトボール部女子」

春季リーグで見事な戦いを繰り広げ、創部5年目にして初めて1部昇格を果たした同志社。そんな中でも「楽しんでやりたい」という声が多く、選手たちに緊張の色は見られない。新しく寺井体制となったソフト部は、夢であった1部に戦いの場を移す。



西カレで2戦とも先発完投した下小薗(スポ1)は、秋季リーグでも先発を務める。「先制点を守り切るピッチングをしたい」(下小薗)。西カレ2回戦の中京戦で被弾して以来、ずっと意識して過ごしてきた。現在の状態は良くないものの、「悪いなりにも最低限の仕事をしたい」と意気込む。更に先日の愛媛遠征では、1部でも強豪の園田女子大と対戦。力の差は見せつけられたが、上のレベルを実感し、実力を知ることができた。臆することなく1部の打者相手に投げ込んでいく。



好投が期待される下小薗



一方、女房役を務める松下(商2)は、「下小薗の状態は上がってきている」と太鼓判を押す。まっすぐと変化球ともに精度は高いようだ。これまでの練習でも、いかにバッテリーの呼吸を合わせるか、常に投手とコミュニケーションをとってきた。「自分の配球次第で得点を防げる」(松下)。大胆かつ巧みなリードで相手打者を翻ろうする。



正捕手を務める松下



「自分たちはバッティングを主にするチーム」(寺井主将・スポ3)。ファーストストライクから打っていく攻めのバッティングを貫く同志社。守備練習よりも打撃練習に多くの時間を割き、長所を磨いてきた。秋に向けてチーム全体で取り組んできたのがランエンドヒット。常にランナーを動かすことで積極果敢に次の塁を狙い、塁上をかき回していく。打線の軸となるのは3番寺井と4番稲岡(スポ2)。「クリーンナップ役割を果たしたい」(寺井)。「気持ちは上がってきたし、気負わず自分のバッティングをしたい」(稲岡)。西カレでは不調に陥っていたものの、最近は復調気味。彼女たちの調子次第で得点力が大きく変わるため、2人のバッティングがカギとなる。また下位打線の重富(スポ1)や渋谷(スポ1)といった1年生が好調。切れ目のない打線で大量得点を叩きだす。



中軸を務める稲岡(左)と寺井(右)



4年生の名古路(法4)と結石(文4)はついに最後のリーグ戦を迎える。「チームメイトに恩返しをしたい」と意気込むのは結石。「ここまで来れたのも、後輩や同期のおかげ」と、仲間への感謝の思いは人一倍大きい。4年間チームを支えてきた2人が、強い気持ちで集大成へと向かう。



前主将の名古路


レフトを守る結石



開幕戦で相対する大阪国際大は、ここまで何度も対戦したことのある相手。勝ち切れていないが、試合内容的に悪くはなく、苦手意識はない。来年のインカレを見据え、最低でも1部残留は必須。狙うは表彰状圏内である3位以内だ。彼女たちの持ち味である”笑顔”のソフトを武器に、彼女たちは躍動する。(樋口 諒)



持ち前の笑顔で1部でも躍動する

【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について