同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : 馬術部
'15秋の展望「馬術部」

全国制覇へーー。見せる総合力



去年の全日本学生馬術大会で5位に散った同志社。関大と関東勢の牙城を崩すことが出来ず幕切れとなった。しかしこのままでは終われない同志社。屈辱を晴らすべく今立ち上がる。


同志社は今年4人の新戦力がチームに加入し、チーム力の底上げに成功した。春の全関西ではルーキーの大活躍もあり、多くの種目で表彰台に上る。結果として28年ぶりの関西制覇を成し遂げた。中でも杉本は全関西で主将の品川とのジャンプオフにも臆することなく、走行し見事勝利を収めている。「目標はもちろん優勝。同志社に貢献し100%を出して頑張る」と意気込む。



ルーキーながら堂々とした走行でチームの主力となった杉本(商1)



主将の品川は主将としての一年の抱負に「春の全関西から全日学での優勝」を掲げていた。結果にこだわり誰よりも努力を惜しまない、ひたむきな姿勢にチームは鼓舞される。春の全関西で関西制覇を成し遂げたとき、誰よりも喜びをかみしめていた。ラストイヤーということもあり、今大会に人一倍熱い思いを抱いている。



主将としてチームを率いる品川(商4)



また、昨年ルーキーとして華々しいデビューを飾った柳井(スポ2)も屈辱を晴らすべく闘志を燃やしている。昨年、「人に余裕がなかった」と思うような走行ができず悔いを残している。「落ち着いて安定した走行で、2走行とも満点で帰りたい」と強い意志をあらわにしている。



若きエースとしてチームの柱である柳井(スポ2)



今大会は昨年の経験者が多く残っているうえに、大型ルーキーの加入もあり、チーム全体が勢いづいている。今年こそ――。関西王者に上り詰めた同志社が、全国の頂まで駆け上がる。(藤田翔)

【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について